お知らせ&メッセージ等

[動画]強い日本をつくろう

地方分散/地域活性/新幹線

復興/ショックドクトリン

経済/デフレ不況脱却

消費税増税

TPP/新自由主義/構造改革/規制緩和/移民/外国人労働者

国土強靭化・公共事業一般

国政情勢/外交

[動画]国土強靭化レポート(進行状況)

国防安全保障

大衆化

ハンナアーレント

原発/電力

東日本大震災復興・防災対策及び無条件原発全停止 カテゴリーにも原発の記事

橋下維新

竹中平蔵氏

巨大地震/大災害

グローバル化

[動画]築土構木の思想

道州制・地方主権

[動画]藤井聡教授一般

個別カテゴリーに入っているものもあります。

アベノミクスについて

「アベノミクスの理念と性質」

選挙

時事/書籍/その他読み物

藤井教授ご紹介のイベント

世論/マスメディア問題


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】日本を救う水力発電イノベーション

-藤井聡教授FBよりシェア-

日本を救う水力発電イノベーション(pdf)」

と題した原稿が雑誌に掲載されました。
是非、ご一読ください!


スポンサーサイト

【藤井聡】東京都の大規模停電収束の裏側

-藤井聡教授FBよりシェア-

ツイッターのまとめサイト、http://togetter.com/li/1036030
のようですが、こういう声があるのは素晴らしい、ですね。
当方もこれからも是非、「縁の下」をリスペクトする視点を忘れないようにしていきたいと思います。



【藤井聡】「義」の下で、リスク過小評価せず

-藤井聡教授FBよりシェア-

ある専門紙に、寄稿いたしました。

分野を問わず、国家、国民のために真剣にご貢献頂いている方々には、心からの敬意を表したいと思います。




【藤井聡】エネ基盤強靭化法を制定へ

-藤井聡教授FBよりシェア-

今のご時世,良いニュースも(メチャクチャに!!)悪いニュースも,いろいろと耳に入って参りますが....このニュースは大変喜ばしいニュースだと思います!!

近代日本は,エネルギーがなければ,超巨大打撃を受けます.そして,巨大地震の時に,そんな事になりそう..なので,「エネルギー強靭化」は,日本が潰れないために最低限やらねばならぬこと!...なのですが,それが,残念ながらイマイチ,進められてきてなかった....

・・・・のですが,そのための「法律」ができるかも!!!なんてお話です!!!

これが実現すれば,日本がツブレテしまうシナリオを,また一つ,潰していくことができるようになるかも....しれません.

こういう流れを,是非,日本国民の皆さんはご支援頂きたい....と,当方は個人的に祈念しております.



エネ基盤強靭化法を制定へ―自民―ガスPLに財政支援 二階会長が意欲
2014年3月19日
http://eco.goo.ne.jp/news/daily/?code=51&ncode=1345
自民党の国土強靭化総合調査会(二階俊博会長)は3月12日、党本部で開かれた会合で、エネルギー供給基盤の強靭化を政府に要望する決議を採択した。首都直下地震や南海トラフ巨大地震に備えて、?日本海側と太平洋側を連結する天然ガスパイプラインの財政支援?内陸型発電所、東西の電力融通を可能とする周波数変換設備の整備――などを、政府が今月中にも閣議決定予定の新たなエネルギー基本計画に盛り込むよう求めた。昨年12月に成立・施行された「国土強靭化基本法」など関連3法を主導した二階氏は「エネルギー基盤強靭化法」(仮称)の制定も視野に入れている。今夏の内閣改造・党役員人事では二階氏は政調会長の有力候補だ。
決議は、このほか石油コンビナートの液状化対策として製油所、護岸、貯槽施設の強靭化やガソリンスタンド、石油液化ガス(LPガス)充填所の災害対応力の強化、コジェネ(熱電併給)、再生可能エネルギーなどの自立・分散型エネルギーの導入促進、人工衛星の活用を求めている。
この日の会合では、天然ガスパイプラインが注目された。
「13年ほど前に天然ガスの国土幹線パイプライン構想を描いたが、当時の経済産業省には全く相手にされなかった。北海道から鹿児島までつながれば、一つのガスボンベになる。大震災後、日本海から太平洋へつなぐ話やサハリンからのパイプラインといった話ばかりだが、もう一度、『国土幹線パイプライン建設議連』をつくってもいい。その際には二階先生の協力をお願いしたい」(鳩山邦夫衆院議員)
参院福井選挙区で原発再稼働推進派の滝波宏文氏も「何かあったときのバックアップが必要。再生エネやメタンハイドレートも重要だが、原子力と(天然ガス)火力の確保がマクロ的な観点から最重要。今回の決議は時宜にかなったものだ」と、天然ガスパイプラインの財政上や税制上の支援の必要性を訴えた。
同日の会合には、内閣官房参与の藤井聡京都大学教授も参加。「巨大地震が訪れても、非被災地(日本海側・東北)と被災地(太平洋側)とのガスパイプラインの整備や、(内陸火力など)非被災地へのエネルギー施設の分散化など、最低限のエネルギー供給を可能にすること、供給力をできるだけ迅速に回復することが、日本国家の持続的繁栄のために絶対不可欠」と訴えた。その上で藤井氏は、「国家財政など、エネルギー強靭化に向けた国家的役割を法律化していくべきだ」と述べ、二階会長が制定を視野に入れているとされるエネルギー基盤強靭化法」(仮称)の必要性を説明した。
なお、国内初の内陸火力(燃料は都市ガス)については、先週号既報のように、首都直下地震に備えて、神戸製鋼所と東京ガスが、「神鋼真岡発電所計画」(栃木県真岡市、出力70万キロワット2基、19~20年に運転開始)を共同で進めている。

【藤井聡】エネルギー強靭化

-藤井聡教授FBよりシェア-

昨日紹介しました、「エネルギー強靭化」についての、読売の論説です。ご関心の方は是非、ご一読下さい!




(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。