お知らせ&メッセージ等

[動画]強い日本をつくろう

地方分散/地域活性/新幹線

復興/ショックドクトリン

経済/デフレ不況脱却

消費税増税

TPP/新自由主義/構造改革/規制緩和/移民/外国人労働者

国土強靭化・公共事業一般

国政情勢/外交

[動画]国土強靭化レポート(進行状況)

国防安全保障

大衆化

ハンナアーレント

原発/電力

東日本大震災復興・防災対策及び無条件原発全停止 カテゴリーにも原発の記事

橋下維新

竹中平蔵氏

巨大地震/大災害

グローバル化

[動画]築土構木の思想

道州制・地方主権

[動画]藤井聡教授一般

個別カテゴリーに入っているものもあります。

アベノミクスについて

「アベノミクスの理念と性質」

選挙

時事/書籍/その他読み物

藤井教授ご紹介のイベント

世論/マスメディア問題


【藤井聡】都構想と道州制は「完全に真逆」の制度改革

-藤井聡教授FBよりシェア-

「道州制」には深刻な国益毀損をもたらす巨大リスクを抱えたものですから、下記記事は「大変結構」な話......ではあります。

が! 下記報道は、全身が脱力してしまうほどの、おバカな話......なのです。

簡単に解説いたします.


そもそもまじめに「道州制をやりたい」と考えている者は、都構想なるものには断固として「反対」しなければなりません.

なんと言っても、道州制というのは、「都府県を無くす」という話。統治機構を「州」と「基礎自治体」だけにするものが、道州制です。

ところが「都構想」なるものは、それとは「真逆」に,その道州制では「完全否定」される「都府県」の権限を「強化」するものなのです。しかも,それは,道州制において重視される「基礎自治体」である「大阪市」を解体するものです!

簡単に図式化すると、次のようになります。

   【道州制】   <-- 【現状】 ーー>【都構想】
 都府県を廃止・弱体化<--      ーー> 都府県を強化
 基礎自治体を強化  <--      ーー> 基礎自治体を弱体化

つまり,都構想と道州制は,確かに共に「現状の統治機構を変える改革」ではありますが、

  「完全に真逆」

の制度改革なのです!

だから、「都構想が実現し,その後に道州制が実現」してしまえば、都構想でせっかく強化した大阪府を、再びっぶっつぶさないといけなくなるのです。こんなアホな話はありませんよね。

こんなあったりまえの事を理解していない人々がいるとは.....ホント,全身脱力する他ありません.

......

ちなみに道州制と都構想に共通点があるとすれば、それはいずれも
 「現状を変える改革だ!」
という点。

つまり、下記記事に出てくる人たち(ちなみに、橋下維新側も完全に同類です。彼らは都構想と道州制を共に主張していた張本人です!)は皆、とにかく改革するって事を一緒くたに、

 「全部同じもの」

だと考えているのです(しかもそれが良いものとも信じ切っています)。

いやぁ.....ほんっとにスゴイ。

これじゃぁ、自分の家を「フランス王朝風の家に改革」にするのと「縄文風の竪穴式住居に改革」するのがおんなじだ!って叫んでるのと同じですね。

......ということで、一見、大変結構に見えますが、その実、おバカきわまりない「ため息」しきりなお話、でありましたw




【藤井聡】政権公約に掲げられていた「道州制」

藤井聡教授FBよりシェア

政権公約に掲げられていた「道州制」についてのニュースです.

道州制を巡る議論は,我が日本国家の形に巨大な影響を及ぼし得る,極めて重要な議論である,という一点については,大方の合意がとれているところではないかと思います.したがいまして本件については,様々な諸影響を十二分に考慮した多面的な検討をすすめていく事がこれからも強く求められていることは間違いなかろうかと思います.

ついては取り急ぎ,NHKで放映されておりました下記報道,
ご紹介差し上げたいと思います.



道州制法案 地方から慎重意見

自民・公明両党がまとめた道州制を導入するための基本法案を巡って、自民党の道州制推進本部と地方団体が会合を開き、地方団体からは、「道州制を導入する理念が明確でない」などとして、今の国会への提出は慎重にすべきだという意見が相次ぎました。

会合には、自民党の道州制推進本部と全国知事会など地方団体の幹部が出席し、自民・公明両党が今の国会への提出を目指している都道府県を全国で10程度の「道」や「州」に再編成するなどとした道州制を導入するための基本法案の骨子を巡って意見を交わしました。
この中で、全国知事会を代表して、埼玉県の上田知事は「道州制を導入する理念が明確でない。骨子には、中央省庁の再編成や国の出先機関の原則廃止が書かれておらず、道州制に名を借りた巨大な霞が関の出城を生みかねない」と述べました。
また、全国市長会を代表して、奈良県天理市の南市長は「国の形を大きく変える法案であり、もっと幅広く関係者の意見を聞くべきだ」と述べるなど、地方団体からは、今の国会への法案の提出は慎重にすべきだという意見が相次ぎました。
会合のあと、自民党の推進本部の本部長を務める今村雅弘衆議院議員は、記者団に対し「地方団体とさらに議論を重ねたうえで、今の国会への法案の提出に持っていきたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130508/k10014435321000.html

【藤井聡】動画 「列島強靭化論2」未来ビジョン

藤井聡教授FBよりシェア

生島ヒロシさんのBS番組「未来ビジョン」で放映されました、『列島強靭化論2』です。

今回は、強靭化論に加えて、「道州制」「地方分権」の問題を

  「行き過ぎた分権、今求められる集権」

という切り口でお話差し上げております。





【藤井聡】維新八策「道州制は愚かな愚作」

藤井聡教授FBよりシェア

「八策」批判の動画やWiLL原稿で、「道州制やっちゃうと、鹿くらいしか居なくなりますよ!」なんて申し上げていた奈良県、奈良県知事ご自身も、そう(いう趣旨の事を!)おっしゃっているようです。

ちなみにこれは、地方の各県も、真面目に一度、こういう試算をされれば、如何に道州制が愚かな政策かをおわかりいただけると思います。


維新八策「財政立ちゆかぬ」 県議会で知事 奈良

■交付税廃止、1500億円減収
 橋下徹大阪市長が代表に就く新党「日本維新の会」の党綱領「維新八策」で掲げられた地方交付税の廃止と消費税の地方税化について、荒井正吾知事は25日の県議会代表質問で、実現した場合の試算を紹介し、「差し引きすると、本県財政が立ちゆかなくなるのは明らか」と懸念を示した。
 なら元気クラブの川口正志県議の質問に答えた。
 維新八策の地方交付税廃止と消費税の地方税化について、荒井知事は「内容は現時点で必ずしも明らかではないので、コメントは控えたい」と前置きしたうえで、県の試算を紹介。
 消費税が全額地方税化された場合、税率5%では420億円、10%では950億円の増収が見込まれる一方、地方交付税の廃止で1500億円の減収となるとした。
 さらに荒井知事は、大都市の知事を中心に国から地方への税源移譲を進める動きがあることに触れ、「地域間格差を一層拡大させ、かえって地方自治を衰退させる懸念があると指摘されている」と説明。「税収の多い地域だけ社会保障が手厚いことは不公正だ。県のように社会インフラの遅れている地域に対しては、補助金や交付金として国が交付するのが効果的だ」と訴えた。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120926/nar12092602040003-n1.htm

【藤井聡】道州制も含めたいわゆる「統治機構」のあり方について

藤井聡教授FBよりシェア


道州制も含めたいわゆる「統治機構」のあり方についての、京都府が主催している研究会です。記事にもあるように、大阪でヤイヤイ言っているのを踏まえて、京都でどう対応するか....を細々と続けている研究会で(笑)、当方も長らくお手伝いしています。記事では、

 「(道州制は)京都にとって自殺行為だ」
 「広域連合と府県の組み合わせがデメリットが少ない」

という、『大阪に行けば絶対に「後ろ向きだ!」「対案を出せ!」というウンザリするほど薄っぺらく陳腐な罵声を浴びせかけられること請け合い』な発言が紹介されていますが、たしかこれは当方が申し上げた発言だったように思います(笑)。とはいえ、実はこれ以外にももっともっと後ろ向きな「道州制なぞ天下の愚策!」とも文字通り声を「大」にしながら断言しましたが、それはさすがに記事にはなっていないですね(笑)。

この研究会では、中々興味深いデータも紹介されています。本気で道州制を勉強したい。。。方は、HPの資料等、ご参照ください(立命の村上先生のデータがいつも興味深いです)。

(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)