お知らせ&メッセージ等

[動画]強い日本をつくろう

地方分散/地域活性/新幹線

復興/ショックドクトリン

経済/デフレ不況脱却

消費税増税

TPP/新自由主義/構造改革/規制緩和/移民/外国人労働者

国土強靭化・公共事業一般

国政情勢/外交

[動画]国土強靭化レポート(進行状況)

国防安全保障

大衆化

ハンナアーレント

原発/電力

東日本大震災復興・防災対策及び無条件原発全停止 カテゴリーにも原発の記事

橋下維新

竹中平蔵氏

巨大地震/大災害

グローバル化

[動画]築土構木の思想

道州制・地方主権

[動画]藤井聡教授一般

個別カテゴリーに入っているものもあります。

アベノミクスについて

「アベノミクスの理念と性質」

選挙

時事/書籍/その他読み物

藤井教授ご紹介のイベント

世論/マスメディア問題


【藤井聡】世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度

-藤井聡教授FBよりシェア-

「ニッポンの世界一」! ではありますが、誠に情けない世界一です ^^;

そもそも、
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/675190639248549?pnref=story
っていうきな臭い話が真実なのですから、とっと新聞・雑誌の情報なんて、「眉に唾つけて見るのがあたりまえ」って風潮が出来上がってっもらいたいところなのですが......

ということで、取り急ぎ、ご紹介まで。



世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2010-2014年)(最新)
2014/11/12 http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html
人の価値観は個人ベースでも大きな違いを生じるが、同一環境下に置かれることで一定の同一性を示すことが多々ある。その仕切りの代表的な様式が「国家」。国毎にインフラの整備状況や法令、文化形態が違い、その環境下で長年暮らしていくうちに、価値観は国家単位で違いを見せるようになる。今回はその国単位の価値観を中長期的に定点観測の形で調査報告している【World Values Survey(世界価値観調査)】から、「主要国における新聞・雑誌やテレビ(要はマスコミ)に対する信頼度」について確認をしていくことにする。

【藤井聡】ミトロヒン文書

-藤井聡教授FBよりシェア-

自民党若手勉強会の「言論封じ」問題以来、マスメディアと政治との関係があれこれ論じられていましたが、そんな中で、下記原稿の内容を全くご存じない方が大半でしたので......改めてこの度、当方のHPに掲載いたしました。
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/archives/2386

産経新聞、読売新聞、朝日新聞、東京新聞等の新聞社が、外国の諜報機関(KGB)の工作対象となり、世論誘導されていたことは、ミトロヒン文書という超一級の一次資料によって、工作員の実名入りで明らかにされている事実です、という事を紹介した原稿です。


KGBがそれだけの工作を行っていたわけですから、それ以外の、より日本と「親密」あるいは「近接」している国の諜報機関が、世論操作のために大手新聞社(そしておそらくはTV局)に対して工作を一切しかけていない......とは、ほとんど考えられません。

「常識」として、この一点を理解しておくことが、政治に間接的にでも参与する国民としての責務ではないかと思います。

要するにマスメディアの言っている話を「鵜呑み」にするのではなく、「参考」にするにしても、完璧に信ずるのは絶対に控えるべきであり、最終的には国民一人一人が独自に判断することが必要なのだ、というのは、当たり前中の当たり前の、国民として求められている

 「最低限のマナー」

なのではないかと思います。
(※ でもだからといって、メディアへの公権力からの弾圧を認めてはならないこともまた、常識だ、という点もまた、忘れないでくださいね。それを認めれば、工作するのを是認することになりますからw)

にわかに信じられない方は、是非下記原稿を、ご一読ください。

以上、ご紹介まで。


【藤井聡】池上氏「日経新聞の社是は、自由と資本主義と親米である」

-藤井聡教授FBよりシェア-

少し前のサイトですが、以下のセリフ、なるほど....と思いましたので、その一点だけ、ご紹介差し上げます。

〈池上 ・・・・日経新聞の社是は、自由と資本主義と親米である。この三つの柱が揺らぐようなことがあったら、日経新聞は全力で闘う、と訊かされたことがあります〉

日経って、凄い新聞ですねw 



「無知」「支離滅裂」佐藤優と池上彰が安倍首相の安全保障政策を徹底批判!
2014.12.02.
http://lite-ra.com/2014/12/post-674.html

【藤井聡】リテラ 記事紹介

-藤井聡教授FBよりシェア-

同じくリテラの記事です。

「自分の思う通りの結果が出ず、生放送のニュース番組で不満をタラタラと述べて憂さ晴らしをする。これだけでもキャスターの資格はないと断言できる」


唖然! 橋下の腰巾着・辛坊治郎が「都構想否決は生活保護受給者のせい」と差別デマ拡散!
http://lite-ra.com/2015/05/post-1115.html

【藤井聡】坊治郎氏のデマ。都構想の敗因はシルバーデモクラシーではない 記事紹介

-藤井聡教授FBよりシェア-


極めて冷静なご意見です。

「・現役世代の投票率が少なすぎたのが、敗因。彼等こそが一番、大阪「都」構想に白けきっており、魅力を感じていなかった。

・各世代に相当割合の反対者がいた。それを全部累積したら反対の方が多かった。「20代、30代、40代、50代、60代、70代の6人が集まって5人が賛成したのに、70代一人が反対したから反対が通った」というのとは全く違う、


(・なお、出口調査は出口調査、70代だけ賛成多数、という調査結果が間違っている疑義が濃厚)」

メディアでは、悪質なデマが未だに続いています。ご注意ください。


辛坊治郎氏のデマ。都構想の敗因はシルバーデモクラシーではない。
現役世代が白け投票しなかったこと。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/77731ae076d54d13f5a97d36309218c1

(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)