お知らせ&メッセージ等

[動画]強い日本をつくろう

地方分散/地域活性/新幹線

復興/ショックドクトリン

経済/デフレ不況脱却

消費税増税

TPP/新自由主義/構造改革/規制緩和/移民/外国人労働者

国土強靭化・公共事業一般

国政情勢/外交

[動画]国土強靭化レポート(進行状況)

国防安全保障

大衆化

ハンナアーレント

原発/電力

東日本大震災復興・防災対策及び無条件原発全停止 カテゴリーにも原発の記事

橋下維新

竹中平蔵氏

巨大地震/大災害

グローバル化

[動画]築土構木の思想

道州制・地方主権

[動画]藤井聡教授一般

個別カテゴリーに入っているものもあります。

アベノミクスについて

「アベノミクスの理念と性質」

選挙

時事/書籍/その他読み物

藤井教授ご紹介のイベント

世論/マスメディア問題


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】熊本の土木復旧工事、国が代行へ 大規模災害法を適用

-藤井聡教授FBよりシェア-

災害の時こそ,「一自治体」でなく「国民全員」が支える中央政府の力が必要となります.

そしてあらゆるものを支える土台が破壊されたる災害時には,その土台をつくる「土木」の力が何よりも求められます.

だからこそ,下記の政府対応は,誠に理にかなったものだと思われます.

迅速な復旧,復興を祈念したいと思います.


熊本の土木復旧工事、国が代行へ 大規模災害法を適用

 熊本県を中心にした一連の地震について、政府は大規模災害復興法に基づく「非常災害」に指定する方針を固めた。被災した自治体が管理する道路や漁港などの復旧を、国や都道府県が代行できるようにする。近く政令を閣議決定する。東日本大震災を受け、2013年に施行された同法の初めての適用となる。

 一連の地震では、同県益城町などで庁舎が被災し、行政機能が著しく低下した。県も被災市町村の支援や仮設住宅の整備など、被災者対応に追われている。国は指定により、道路などの復旧事業を肩代わりし、復旧・復興を加速させる。

 県は、土砂災害で崩落した同県南阿蘇村の阿蘇大橋や俵山トンネルの復旧工事について、国による代行を要望している。阿蘇大橋は県管理の国道325号に架かり、県が再建主体。俵山トンネルも県道にある。いずれも村と熊本市方面とを結ぶ重要道路だが、技術的に難工事が予想され、二次災害の恐れもあり、県だけでは対応が難しかった。

 指定後、国は速やかに職員を派遣し、復旧計画の作成や建設業者への発注業務を担う。

 東日本大震災でも自治体が甚大な被害を受けたが、国による業務代行は特別法の制定に手間取った結果、震災から1カ月余り後の11年4月末まで始められなかった。大規模災害復興法はその反省から制定された。

 政府はすでに一連の地震を激甚災害に指定している。公共土木事業の場合、通常の災害復旧なら69%の国庫補助率を83%まで上げ、残り大半を交付税で支援することで、自治体の実質的な負担率は0・8%程度になっている。

スポンサーサイト

【藤井聡】熊本地震で落ちた跨道橋、会計検査が「落橋」の指摘 報道紹介

-藤井聡教授FBよりシェア-

高速道路には、「跨道橋」というものがあります。高速道路の上を横切る橋、です。高速道路が無傷でも、この「跨道橋」が落ちればもちろん、通行止めになってしまいます。

ですので、高速道路のネットワークの強靱性には、「跨道橋」の強化も必須事項となっています。

そんな中、今回、会計検査で、かねてより「落橋」の危険性が指摘されていた「跨道橋」が、落ちてしまい、高速道路を通行止めにさせてしまっている、という事態が起こってしまったようです。

その指摘に対して、十分な対応がなされていたのか、もし成されていなかったとするなら、それはなぜなのか、それは例えば、単なる予算不足が原因だったのか.....

万一単なる予算不足が原因だったとするなら、ここでもやはり、政府のプライマリーバランス目標などの「緊縮」財政が、日本の脆弱性を拡大しているということになります。

いずれにせよ、日本の脆弱性の克服のためには、こうした件の原因究明が求められています。


熊本地震で落ちた跨道橋、会計検査が「落橋」の指摘
2016/4/20 日日経コンストラクションWeb版

 落橋した場合に緊急輸送に支障が生じる恐れがある――。会計検査院が指摘していた高速道路の跨道橋の落橋が現実となった。九州自動車道に架かる跨道橋の橋桁が、2016年4月16日午前1時25分に発生した熊本地震の「本震」で落ち、緊急輸送道路を寸断する結果となった。19日正午時点で橋桁の撤去作業は続いている。

 落橋したのは熊本県の県道32号小川嘉島線の府領第一橋。九州自動車道の御船IC(インターチェンジ)―松橋IC間の緑川パーキングエリア付近に架かっていた跨道橋だ。


 橋長約61mの3径間PC中空床板橋で、橋台と2基のロッキング橋脚で橋桁を支える。ロッキング橋脚は、それぞれ3本の鋼製支柱で桁を承ける構造となっていた。


 この跨道橋は、1974年に旧日本道路公団が建設。その後、熊本県に管理を移した。


 橋桁は、福岡方面に倒れるように落下した。桁を承けていた橋脚の鋼製支柱の一部は日経コンストラクションの記者の取材時、柱形状を残したまま路面などに散乱していた。


■2014年点検で支柱に錆

 熊本県土木部によれば、落橋に至ったメカニズムは分かっていない。橋には落橋防止装置を設置していたが、どのような構造の装置かは19日時点で資料を調べている段階。落橋防止装置の効果について検証する必要がありそうだ。

 府領第一橋は直近で、熊本県が14年に点検している。この際、ロッキング橋脚の鋼製支柱に錆が見つかったが、錆に対する健全度の評価は19日時点で分かっていない。軽微な損傷であれば、5年後の定期点検まで経過観察することになる。


 震災直後の混乱で結果は分かっていないが、01年に耐震診断を実施した記録が残っている。また、同県が11年に制定した橋梁長寿命化修繕計画には11年度から5年間の補修計画が掲載されている。府領第一橋の補修工事は、最終年の前年に躯体(くたい)のひび割れ補修を予定となっている。


■会計検査院が高速6社に改善要求

 高速道路の跨道橋をめぐっては会計検査院が13年10月、地震で跨道橋が落橋した場合に甚大な被害が生じるほか、緊急輸送に支障が生じる恐れがあるなどとして、高速道路会社6社に対して跨道橋の管理者と連絡体制を早急に確立するよう改善措置を要求した。

 これを受けて国交省などは、同年12月までには全都道府県に「跨道橋連絡協議会」を設置し、連絡体制を整えた。その後、同協議会は各都道府県に設置した「道路メンテナンス会議」の下部組織に機能を移した。


 同省は15年、高速道路をまたぐ全国の跨道橋(5798橋)の点検状況をまとめている。この中で熊本県は、同年1月1日時点で94橋全ての点検を終えたと報告していた。


 西日本高速道路会社によれば、落橋した府領第一橋は17日から撤去作業に着手した。19日時点で作業が続いている。


【藤井聡】九州新幹線の博多−熊本を再開へ 23日に試験 報道紹介

-藤井聡教授FBよりシェア-

「迅速性」こそが強靱性の要です。

一時期は、早期復旧は絶望的......共言われていましたが、早期復旧ができそうな見通しとのこと。現場で懸命に復旧に復旧にお取り組みの皆様に経緯を表したいと思います。
政府としてもできる限りのサポートに全力の投入が必要です。


九州新幹線の博多−熊本を再開へ 23日に試験
毎日新聞2016年4月21日

新玉名−熊本で落下の防音壁工事、22日までに終了見通し

 JR九州(福岡市)は21日、熊本地震の影響で運休が続く九州新幹線の博多−熊本間を、新水俣−鹿児島中央間に続いて運行再開させることを明らかにした。新玉名−熊本間で落下した防音壁などの応急復旧工事を22日までに終える見通しで、23日にも試験列車を走らせる。


(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。