お知らせ&メッセージ等

[動画]強い日本をつくろう

地方分散/地域活性/新幹線

復興/ショックドクトリン

経済/デフレ不況脱却

消費税増税

TPP/新自由主義/構造改革/規制緩和/移民/外国人労働者

国土強靭化・公共事業一般

国政情勢/外交

[動画]国土強靭化レポート(進行状況)

国防安全保障

大衆化

ハンナアーレント

原発/電力

東日本大震災復興・防災対策及び無条件原発全停止 カテゴリーにも原発の記事

橋下維新

竹中平蔵氏

巨大地震/大災害

グローバル化

[動画]築土構木の思想

道州制・地方主権

[動画]藤井聡教授一般

個別カテゴリーに入っているものもあります。

アベノミクスについて

「アベノミクスの理念と性質」

選挙

時事/書籍/その他読み物

藤井教授ご紹介のイベント

世論/マスメディア問題


【藤井聡】フランス大統領選挙

-藤井聡教授FBよりシェア-


フランスにとって、EUは如何に「暴君」なのかーーーという認識は、日本人にはあまり知られていないかもしれませんが、トッド氏と話をしていると、それがフランス国民の重要な共通認識になっている事が、ひしひしと伝わってきました。

そして、ルペン候補は、そんな「暴君」と戦う指導者として、今、フランス国内で支持を集めています。

フランスがEUから離脱すれば、EUは実質上崩壊することになるでしょう。そして、ドイツ一強の状況に変化が訪れるでしょう。

今月23日のフランス大統領選挙からは、目が離せない状況になってきました。



仏新大統領の最右翼、ルペン独占インタビュー「EUは”暴君”」
EU離脱、反移民、トランプとの共通点。排外主義政策の核心を語る

http://bunshun.jp/articles/-/2051

【藤井聡】比ドゥテルテ大統領、南シナ海の無人島占拠を軍に指示

-藤井聡教授FBよりシェア-

これはホントにヤバイ状況です。


比ドゥテルテ大統領、南シナ海の無人島占拠を軍に指示
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7348.php

【藤井聡】トランプ政権の保護主義は、徹底してることがよく分かります

-藤井聡教授FBよりシェア-


「ロス米商務長官は・・・日本の消費税など外国で導入されている付加価値税によって、米国の輸出は不利な状況に置かれていると不満を訴えた。」
・・・・そうです。

これはすごい指摘。まさにおっしゃる通り。

実は「消費税」っていうのは、「逆関税」の様なもので、

 ・日本の企業が、国内で売るものに税金をかけるが、
 ・日本の企業が、海外で売るものは免税にする、

という事を通して、「輸出産業を保護」する効果があるのです!

むしろ、この輸出産業の保護効果こそが、消費税を導入する理由だ、と主張する論者もおられるほどなのですが......これを知る人はホント限られています。

っていうことで、ホント、トランプ政権の保護主義は、徹底してることがよく分かります。この政権相手にはやはり、徹底的な保護主義で対応しないと、生ぬるい自由貿易主義で対峙したとたん、いろんなものがむしり取られるでしょう。

なので皆さんも是非、消費税は「輸出産業の優遇=非輸出産業の冷遇」税金だということを、この機会にご理解ください。。

以上、ご紹介まで。


消費税、米輸出を不利に=対抗措置も-米商務長官
 【ワシントン時事】ロス米商務長官は30日、CNBCテレビのインタビューで、日本の消費税など外国で導入されている付加価値税によって、米国の輸出は不利な状況に置かれていると不満を訴えた。メキシコとカナダに対しては、両国と結んだ北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しで対抗措置を講じる構えを見せた。


イバンカ夫妻の資産820億円=不動産・投資ビジネスで-米紙

 米議会では、外国の付加価値税への対抗策として輸入課税強化などの「法人税の国境調整」が検討されている。
 ロス氏は「メキシコには欧州諸国、中国、日本のように付加価値税制度があり、製品輸出時に(税が)還付される」と強調。一方、米連邦政府には付加価値税がなく、米製造業は輸出時に還付を受けられないため「完全に不公正だ」と主張した。
 ロス氏は、メキシコなどに対しては「部分的な解決手段としてNAFTAを使う」と表明した。また、4月上旬にNAFTA再交渉の意向を議会に通知したいとの考えを示した。(2017/03/31-08:50)

【藤井聡】米、日本製鉄鋼に制裁関税 紹介記事

-藤井聡教授FBよりシェア-


予想通りの展開、です。

同盟だとか協定だとかがいくらあっても、結局は「関税自主権」は国家主権の根幹の一つ。とにかく自由貿易がダイジダー、などと理想論をどれだけ叫んでも意味はありません。

これが現実なのです。

(※ どうやらホシュとサヨクも、現実を見てないという点では同じ、です。ただ、見てない現実の種類だけが違うということのようですね。)


米、日本製鉄鋼に制裁関税=トランプ政権初-商務省方針
 【ワシントン時事】米商務省は30日、日本、台湾など8カ国・地域が、鉄鋼製品の一つである炭素合金鋼を米国に不当に安く輸出しているとして反ダンピング(不当廉売)関税を適用する方針を決定した。米国際貿易委員会(ITC)が最終認定すれば、制裁的な関税の適用が確定する。
 トランプ米政権発足後、商務省が日本製品に制裁関税の適用方針を決めたのは初めてとなる。
 税率はJFEスチールの製品などが48.67%、東京製鉄などが14.79%。対象国は他に韓国とオーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリアで、最高税率は148.02%となる。また、韓国製品は輸出補助金を受けていると判断し、4.31%の相殺関税の適用方針も決めた。(2017/03/31-01:04)

【藤井聡】動画 「サミットをめぐる国内・国際情勢」

-藤井聡教授FBよりシェア-

チャンネル桜の討論番組の一時間目だけ,参加いたしました. 安倍内閣がなすべき経済政策について,サミットでの国際協調も含めて,高橋洋一さんと一緒にお話差し上げています.


1/3【討論!】サミットをめぐる国内・国際情勢[桜H28/5/14]

(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)