スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】橋下氏の妄想、大阪栄えて国滅ぶ、など

藤井聡教授FBよりシェア

こんな動画がアップされているようです。拝見しましたがおもしろい編集でした。



オオサカ栄えて国滅ぶ、橋下政策






スポンサーサイト

【藤井聡】財務省「日本は経済破綻することはあり得ない!」

藤井聡教授FBよりシェア

一部では非常に有名なHPなのですが(笑)、財務省さんが、「日本は経済破綻することはあり得ない!」という
 『公文書』
を発行しています。これは、米国の格付け会社が日本国債の格付けを下げた時に「抗議」する趣旨で発行したものです。
 これを見ると、当方や三橋さんがいつも主張している事を、財務省さんは完全に理解されていることが。。。。よく分かります!
(ちなみにこれに関わるものとして、右のような加工動画が、配信されているようです 笑)



外国格付け会社宛意見書要旨
http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm

1. 貴社による日本国債の格付けについては、当方としては日本経済の強固なファンダメンタルズを考えると既に低過ぎ、更なる格下げは根拠を欠くと考えている。貴社の格付け判定は、従来より定性的な説明が大宗である一方、客観的な基準を欠き、これは、格付けの信頼性にも関わる大きな問題と考えている。
 従って、以下の諸点に関し、貴社の考え方を具体的・定量的に明らかにされたい。
  
(1)

 日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか。
 
(2)

 格付けは財政状態のみならず、広い経済全体の文脈、特に経済のファンダメンタルズを考慮し、総合的に判断されるべきである。
 例えば、以下の要素をどのように評価しているのか。

・  マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国

・ その結果、国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている

・  日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高
 
(3)

各国間の格付けの整合性に疑問。次のような例はどのように説明されるのか。

・ 一人当たりのGDPが日本の1/3でかつ大きな経常赤字国でも、日本より格付けが高い国がある。
・ 1976年のポンド危機とIMF借入れの僅か2年後(1978年)に発行された英国の外債や双子の赤字の持続性が疑問視された1980年代半ばの米国債はAAA格を維持した。
・ 日本国債がシングルAに格下げされれば、日本より経済のファンダメンタルズではるかに格差のある新興市場国と同格付けとなる。

2. 以上の疑問の提示は、日本政府が改革について真剣ではないということでは全くない。政府は実際、財政構造改革をはじめとする各般の構造改革を真摯に遂行している。同時に、格付けについて、市場はより客観性・透明性の高い方法論や基準を必要としている。



日本人を不幸にして省益拡大する、財務省



【藤井聡】激烈な橋下批判特集

藤井聡教授FBよりシェア

雑誌『表現者』で、激烈な橋下批判特集が組まれています。中でも特に、中野剛志さんの以下の箇所は、この問題の本質を端的に表しています。

====================
橋下氏は、自著『まっとう勝負!』でこう述べている-----。
「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。自分の権力欲、名誉欲を達成する手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなければならないわけよ。別に政治家を志す動機付けが権力欲、名誉欲でもいいじゃないか!......ウソをつけないヤツは政治家と弁護士になれないよ!嘘つきは政治家と弁護士のはじまりなのっ!(p. 113)
====================

彼がこう考えている事は、心ある方ならおおよそ「知って」おられたことと思いますが、まさか、
1)これを書籍にして出版しているとは、しかも、
2)出版しておいてのうのうと選挙に打って出て、かつ、政治家としてメディアをはじめとした公の場にその顔をさらしてもしかも恥を感じないほどにおぞましき存在であるという事は、しかもしかも、
3)それを公表してもどうせこの大衆は自分のおぞましさを気づくことなど無いだろうとタカをくくるほどに大衆を侮蔑しきっているとは、
気づいていなかった方は多かったのでは無いでしょうか?(※小生も恥ずかしながら、「そこまで」だとは気づいておりませんでした 笑)
・・・・ということで、彼の政治にまつわる発言は基本的に「自分の権力欲と名誉欲のための手段としての発言」であるとご本人がおっしゃっている以上、彼には一ミリも気を許してはいけない、ということが明らかになったといってよさそうですね。

【藤井聡】動画 「参議院国民生活・経済・社会保障に関する調査会」平成24年2月22日

京都大学 藤井聡教授

参議院国民生活・経済・社会保障に関する調査会(H24年2月22日)
公述資料(pdf)        

内需主導の経済成長と外需も含めた経済成長について










【藤井聡】動画 「TPPって何?猫でもわかるTPP.」

「TPPって何?猫でもわかるTPP.」

西村眞悟勉強会

講師 京都大学大学院教授 藤井聡


平成24年2月19日




(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。