【藤井聡】経産省の「日本のすごさ」まとめた冊子「世界が驚くニッポン!」が炎上

-藤井聡教授FBよりシェア-

逆に「ここまで日本も落ちぶれたのか」と思ってしまう方もいるかもしれませんが......せめて「炎上」でもしておくのが、日本の最後の良心かも知れませんね......


経産省の「日本のすごさ」まとめた冊子「世界が驚くニッポン!」が炎上 
あまりの持ち上げぶりに日本人が驚いた!?

http://www.sankei.com/premium/news/170402/prm1704020029-n1.html

【藤井聡】「政商たちの栄華」紹介

-藤井聡教授FBよりシェア-


例の、

1)「特区」で「外国人家政婦さん」が解禁され、
2)その「外国人家政婦ビジネス」を「パソナグループ」さんがやっておられるのだが、
3)そのパソナグループの会長(竹中氏)が、まさにその「特区」の規制緩和を検討する諮問会議の議員さんだ、

という「事実」について、三橋さんが、

  「政商」

という言葉を使って憤っておられます。

是非、ご一読ください。


政商たちの栄華
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12262421534.html

【藤井聡】「生産性を上げるためにこそ、デフレ脱却を!」

-藤井聡教授FBよりシェア-


これは、今、巷で有名になっている日米の「業種別、労働生産性の比較」のグラフです。

このグラフによると、一部の業種を除いて全て、日本の「労働生産性」はアメリカよりもずっと低い、という様子が分かります。

「巷の解説」(例えば、今、「ウェッジ」の記事を読んでいますがまさにそれでした)によれば、

  「だから、日本も生産性を上げる『改革』をやるべし!
   リンガーハットや鳥貴族など、一流企業は皆、
   その『改革』をやって成功している!  
   年功序列などの日本のワルイ体質を改善すべきだ!」

と議論されています。

・・・・が待ってください。

言葉に騙されないで、まず、「労働生産性」の定義とは何か、から考えて頂きたいのですが(前にも指摘したとおり)労働生産性とは、「就労1時間あたりのGDP」のこと。

なので、GDPが上がれば、生産性も上がるのです!

だからデフレの国(日本)とインフレの国(アメリカ)を比べれば、インフレの国の方が高くなるのは当たり前。「改革」云々以前に、生産性向上のためには「デフレを終わらせGDPを上げる」マクロな対策が必要なのです。

より正確に言うなら、ミクロな対策も重要ではありますが、マクロな視点を忘れてはいけません。そうでなければ、マクロとミクロの調和した対策の展開ができなくなるからです。

「生産性を上げるためにこそ、デフレ脱却を!」

この一点を是非、しっかりとご理解いただきたいと思います。

※ このグラフは、下記からの引用です。
日米産業別労働生産性水準比較~日米格差は製造業で縮小するも、サービス産業で5割の状況が続く~
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161212/prl1612121102033-n1.htm




(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)