スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「TPPに入るには、もう時、既に遅し」でも油断禁物

藤井聡教授FBよりシェア


TPPについての(少し古い)メッチャクチャに(!)興味深い記事です。

何が興味深いかというと。。。
当方と、いろんなところで「バトル」をさせて頂いてきた、
代表的なTPP賛成論者であられる山下さんからの、
思いもかけない内容の記事だったからです。
今までさんざん、真っ向勝負状態で、
意見の一致はほとんど見られない状態が続いていたのですが、
ようやく、一部において、意見の一致を見たようです
(もちろん、下記記事でも全ての首肯できるわけではありませんが)。

ただし、まっだまだ油断はできない状態が続いていますが(笑)。
なぜなら、もしも(!)、当方が外国の交渉官なら、こうしてああして、ああしてこうして。。。。
こうやってから、日本にこうやってもちかけて。。。。等という
イメージシミュレーションがまだまだ可能な状況だからです(笑)。

とはいえ、山下さんがおっしゃるとおり、
「TPPに入るには、もう時、既に遅し」、というのは常識的なご意見ではないかと思います。



日本はもうTPPに入れない

新聞各紙が自民党圧勝を予想している。どのような人が当選するのだろうか。朝日新聞と東大谷口研究室が共同して候補者にアンケート調査を行った結果をみると、TPPについて、民主党は賛成派5割台半ば、反対派2割強、自民党は反対派が6割となっている。民主党は、反対派の小沢グループが離党したりして、純化しているものの、北海道などのように農村地域では、候補者があからさまにTPP反対を唱えている。注目は、政権党となる可能性の高い自民党である。前回選挙で落選した人たちが、大量に復活当選するだろう。元職の候補者115人のうち73人が自民党候補者である。農村部の候補者には、農林族議員と目される人たちが多い。自民党にTPP反対派が多いというアンケート調査はこれを反映している。

 この人たちは、選挙で農協からTPPについての踏み絵を踏まされている。農協は当選後約束の履行を求めてくるだろう。農業票は少なくなっている。しかし、二人の候補者が競っている小選挙区制では、1%の票でも相手方に行くと、2%の票差になってしまう。これを挽回するのは容易ではない。ある衆議院議員は私に、「選挙になると、対立候補に本当に '殺意' を持ちます。」と語った。これは、嘘いつわりのない言葉だろう。農業票にはもはや候補者を当選させる力はない。しかし、小選挙区制の下では、落選させる力は十分持っている。1%でも、逃がしてはならない組織票なのだ。

 これまで、TPP反対派は、TPPは今年中に妥結するので、日本が参加してもルールに影響を与えるような時間はなくなっていると主張してきた。これはオバマ大統領の2012年中の合意を目指すという発言を根拠とするものだった。しかし、私は、通商交渉は国内の特定の業界に痛みを伴うものであり、大統領選挙のある2012年の合意などはない、これはワシントンの通商専門家の共通認識だと反論してきた。

 実際、今年中の妥結は困難となり、TPP参加国は来年2013年10月の合意を目指すこととなった。この可能性はどうだろうか?交渉は2年以上も行っている。既に、各国の提案は出揃っている。アメリカの政権交代はなくなった。交渉プレーヤーに大きな変更はない。現在、対立が鮮明になっているのは、争点が絞られてきているからだ。しかも、アメリカの砂糖や乳製品の関税、カナダの乳製品や鶏肉の関税の扱いなど、大きな争点は、事務方がいくら交渉してもまとまるものではない。政治的な決断、決着が要求されるからだ。しかし、閣僚会議や首脳会議を開いて、政治レベルの交渉を行えば、交渉は一気に妥結に向かう。再来年2014年はアメリカ中間選挙の年となる。ここでの決着はできたら避けたい。来年中の妥結の可能性は高いと見るべきだろう。

 日本はどうか?今回の選挙は「予備選」のようなものである。来年夏の参議院選で勝たなければ、自民党はねじれ国会を解消できない。安定政権を目指すのであれば、来年の参議院選挙が「本選」となる。衆議院選挙で多数のTPP反対派議員が当選するうえ、次の参議院選挙で勝とうとすると、自民党はTPP参加を先送りせざるを得ない。参議院選挙前に、コメなどの農産物を関税撤廃の例外とすることを条件として交渉に参加する道もないではないが、アメリカや豪州などが絶対に認めない。安倍内閣が参議院選挙後の9月に党内を説得して参加表明したとしても、アメリカ議会への通報との関係から3ヶ月後の参加になる。その時、TPP交渉は終了している。

 日本は新規加盟国として、出来上がったTPPへの加入交渉を行うことになる。原加盟国と新たに加入する国とでは大変な違いがある。日本はできあがった協定を丸呑みさせられる上、米国などの原加盟国から関税の撤廃、サービスの自由化など一方的に要求されるだけの加入交渉になる。日本からコメなどの関税撤廃の例外要求など不可能となる。こちらから原加盟国に関税削減などを要求することは認められない。中国はWTO加入交渉で国内制度や貿易制度の大幅な変更や貿易自由化を要求され、15年を経てようやく参加が実現した。「要求されるばかりで、一方的で屈辱的な交渉だ」と言った中国の交渉官に対し、米国の交渉官は「それがこの交渉のルールだ」と冷たく応じた。それほどひどい交渉になる。

 では、自民党はどうする?「例外なき関税撤廃を前提とする限り、交渉参加に反対する。」という公約を守る以上、TPPに参加できない。それ以前に、コメを関税撤廃の例外とできないなら、農協は交渉参加に断固として反対するだろう。

 結局、日本は、タイ、フィリピン、韓国が参加しても、TPPには参加できない。今世界貿易の半分以上が最終製品を作るための部品や素材だ。日本から高い技術で作られた部品等を輸出して海外で製品に組み立てるという分業体制に日本企業は組み込まれている。部品等を作っているのは中小企業だ。広大なアジア太平洋地域で、参加国だけの間で貿易・投資を自由化するTPPができる。大企業なら工場をTPP地域内に移転できるが、それができない中小企業はこの地域から排除されてしまい、大きな雇用不安が起きる。

 これまで、牛肉自由化など、農業に不利益があると予想される場合でも、我が国は大きな国益を考えて、政治的な決断をしてきた。しかし、今目前に展開されている状況は、しっぽが牛の体を引きずりまわしているありさまだ。牛肉自由化には、子牛農家への直接支払いで影響を防いだ。農家には直接支払いという方策があるのに、価格が低下して販売手数料収入が減少する農協の政治力によって、TPPに参加できない。

 1年前日本と同時に参加表明したカナダ、メキシコの参加は実現した。タイも参加表明した。TPP参加で日本のように大騒ぎしている国はない。根拠のないお化けと決められない政治のために、無駄な時間が過ぎた。最後の奇手は、野田首相にTPP参加を一方的に表明してもらうことだけだ。それなら、かろうじて、来年4月頃には交渉に参加できる。しかし、残された時間があまりにもなさすぎる。

2012.12.27
http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20121227_1699.html

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。