スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】消費税増税によるショック

-藤井聡教授FBよりシェア-

「増税によるショックは限定的で、想定内、持ち直す見込み....」という趣旨の報道等が多くみられます。

当方もそうであればそれに越したことはない!と思っておりますが、残念ながら、そうは思えないデータも様々に報告されています。

そんな中でも、深刻なのは、下記の報道です。

デフレとは、資金需要が冷え込んで、銀行に「塩漬け」のカネがあまりまくっていく状況。。。で、デフレ脱却とは、そのカネが、市場に出回っていく事を意味する、と言えます。

下記報道によりますと、去年4月は、「調査開始以来の最高を記録した」らしいのですが、今年の四月は「一転し、30ポイントの大幅低下」とのこと。

つまり、せっかくデフレ脱却傾向が見られたのに、今年の4月は一点、デフレ状況に一気に落ち込んだ。。。。と解釈できます。

これは要するに、「一般世帯が家を買わなくなった」ことが最大の原因とのこと。

はたして持ち直すことができるのかどうか。。。。ちなみに、97年増税時、住宅は一気に冷え込み、その後、長期的に持ち直すことはなく、インフレからデフレへと一気に叩き落されてしまったのでした。。。。今回は「デフレから、さらにひどいデフレへ」とならないことを、祈念するばかりです。。。

いずれにしても、今後さらに、注意して動向を見ていくことが不可欠です。


4~6月の個人向け住宅ローン資金需要DIが最低に 日銀調査
2014/7/17
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL17H0F_X10C14A7000000/

 日銀は17日、7月の主要銀行貸出動向アンケート調査を発表した。4~6月の資金需要判断指数(DI)は個人向けがマイナス10だった。2000年4月の調査開始以来の最高を記録した前回4月調査から一転し、30ポイントの大幅低下だった。10年1月調査(マイナス11)以来の低い水準。企業向けと地方公共団体向けはそれぞれプラス5、プラス3といずれも前回調査から横ばいだった。回答した金融機関の数をみると、企業向けで資金需要が「横ばい」と答える割合が増えた。

 個人向けDIが低下したのは住宅ローンが大きく落ち込んだためだ。住宅ローンの資金需要判断DIはマイナス17と、調査開始以来の最低だった。消費増税前の駆け込み需要の反動減が影響したとみられる。消費者ローンも前回から13ポイント低下しプラス2だった。需要減少の理由として「住宅投資の減少」を挙げた銀行が多かった。

 今後3カ月間の資金需要の変化についての見通しを尋ねたところ、資金需要判断DIは、個人向けがプラス2と今回の7月調査(マイナス10)から改善するとみている。企業向けはプラス3と7月調査(プラス5)から2ポイント低下した。

 資金需要判断DIは、貸出需要が増えたと答えた金融機関の割合から減ったと答えた割合を差し引いた値。日銀は国内の主要50金融機関を対象に、四半期に一度調査を実施している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。