スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「レジリエンスジャパン推進協議会」

-藤井聡教授FBよりシェア-

強靭化には、中央政府のみならず、地方政府、民間企業の皆様方の協力が、是が非でも必要です。

ついてはこの度、民間や地方自治体の方々が会員となる「レジリエンスジャパン推進協議会」が設置されました。

会長をNTTの三浦会長にお勤めいただき、当方が副会長を仰せつかっております。
(※ 本協議会の趣旨等は、HPをご参照ください。
  http://www.resilience-jp.org/purpose/
  HPは、今後充実していく予定です!)

下記は、設立式典の模様です。その他、新聞雑誌等でも報道されました。
http://www.risktaisaku.com/sys/news/?p=910
http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=39071
http://www.decn.co.jp/?p=16182

祈念式典では、閉会挨拶をさせていただきました。
「皆様、本日は多数お集まりくださり、ありがとうございました。国土強靭化は、文字通り「焦眉の急」の国家的課題、つまり、「まさに眉が焦げるほどの距離にまで大火がまで迫り、何にもまして大至急何とかせねばならぬ課題」です。その被害の大きさは、あの東日本大震災の何倍、十数倍というもの。我が国はそうした巨大地震に「不覚」を取るようなことがあっては絶対にいけないのであって、だからこそ国土強靭化を「国民的な大国家プロジェクト」として進めねばなりません。したがってそれは必然的に、政府のみならず民間を含めた全ての国民、オールジャパンの協力と参加が不可欠です。そして政府は基本法に基づく基本計画を策定し、強靭化を本格化させている今、まさに求められているのが「民間の強靭化」なのです。
 「民間」には、強靭化における二つの責務があります。一つは、「自分自身を強靭化する責務」であり、もう一つが「各種主体の強靭化に、様々に協力する責務」です。つまり、強靭化における「需要」と「供給」の双方に、民間の力が求められているのです。本協議会はそうした民間の責務を皆で果たし、国民運動として国土強靭化を進めるために設置されました。この国民運動を進めてこの日本国家を強靭化できるのが早いのか、それともその前に首都直下や南海トラフといった巨大災害に我が国が打ちのめされてしまうのが早いのか──私達国民は今まさに、巨大な天災とどちらが早いのかの「競争」の下にあります。必ず起こる天災、これに負けない国にするためにも、政府のみならず民間の国民の皆様方との間の様々なチームプレーが求められています。強靭なニッポンに向けて、国民の皆様方、ともに頑張りましょう。」

本協議会からも、各種情報配信を考えております。ついては本FB上でも、適宜ご紹介させていただきたいと思います。

以上、ご紹介まで。

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。