スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】デフレ脱却のために大規模公共事業を

デフレ脱却のために大規模公共事業を


京都大学大学院都市社会工学専攻教授 藤井聡


 今や日本は世界最大のデフレ国家だ.デフレとは,国内の総需要が総供給を下回る現象だが,それが「問題」なのは,それによって国民所得が下がり,倒産や失業が雪だるま式に増えていくからだ.そして恐ろしいことに一旦デフレになれば自然に抜け出すことが不可能になる.なぜなら,デフレでは貨幣価値が上昇していくのだが,そうなると世帯も企業も投資をせずに貯金ばかりするようになり,需要は一向に増えなくなるからだ.

 だからこのデフレから脱却するには需要拡大しか無い.

 そんな需要がどこにあるのかと言えば,世論や政府はスグにそれを外国に求めようとするのだが,この円高の時代にそれは著しく困難だ.だから内需拡大しかないのだが,そう言えばまた政府や世論はスグに「民需の拡大だ」と言う.しかし先に述べたように,デフレ下では皆,借金をしてまで投資を拡大するようなことはしない.だからデフレ脱却を目指すのなら,結局「官需」を拡大するしかないのだ.

 しかし官需を拡大しようとすると,政府や世論はスグに「財政赤字」の問題を口にする.ところが国債発行に基づく財政出動で景気を回復させれば,自ずと税収は増加し,財政赤字問題も自ずと快方に向かうのだから,財政赤字よりもむしろデフレ問題こそを先に心配すべきなのだ.

 ここまで議論を進めても,政府や世論がスグに「財政出動するなら公共事業以外にすべきだ」と口にするのだが,落橋防止や防災等のための公共事業ほどに「切実」に必要とされ,かつ「何十兆円」という大規模な内需を今すぐ創出できる産業は,日本国内のどこを探したって無い.

 こうした理屈は全て,小学生にだって理解できる様な簡単なものだ.にも関わらずそれを一向に理解しようとしない政府や世論は,まるで集団催眠にでもかかったように恐ろしくレベルの低い勘違いをし続けているのだ.賢明なる国民はまずはこうした政府や世論の愚かしさを冷静に理解しておくことが必要だろう.

日刊建設工業新聞、10.29.2010.


出典:藤井研究室
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201006-201012/editorial/newspaper/kensetsu20101029.pdf




関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。