スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「日本称賛ブーム」の光と影 施光恒

-藤井聡教授FBよりシェア-

施さんが,昨今の「日本称賛ブーム」についてものを申しておられます.

「ただ私は、こうした「日本称賛ブーム」に物足りなさも感じます。それは、日本の良さを守り、次代へ伝えていくために何をなすべきかという具体的な議論や動きにつながっていないことです。」

おっしゃる通り。ホント、そういうメンタリティ、薄気味悪いですねw


例えば、「自衛隊は空前の人気、でも、自分の子供は自衛隊に入れてもいいと考える親の割合はますます少なくなってる」っていう風潮とか、「くだらない施策を批判しただけですぐに『対案を出せ!』とえらそーに叫び出す輩がうじゃうじゃ出てくる」とか。

何が薄気味悪いかっていうと、「どや顔で何もかも赤の他人に人任せにする」,ってところ。

「おまぇ、そんなドヤ顔するなら、人任せにせずに自分でやれよ!」
  (→そんな日本が好きなんだったら自分で守れよ)
「おまぇ、できないならまぁ人任せにしてもいいけど、
 そうするならドヤ顔はありえんだろ。ちっとは恥ずかしがれよ!」
  (→お前の好きな日本、自分で守れんのならちっとは恥ずかしがれよ)

って突っ込まれて当然.

しかも,そんなツッコミもほとんど聞かれない....っていう世間の風潮それ自身もまた、薄気味悪いですよね.

......などというような事を考えてしまう、施さんの良質な論説でした。

是非、ご一読ください!


「日本称賛ブーム」の光と影 施光恒
2015.4.23 産経
 日本を称賛する本やテレビ番組が増えています。書店に行けば、『外国人だけが知っている美しい日本』といった本を数多く目にしますし、テレビ番組でも、日本語に長けた外国人が、治安の良さや人々の勤勉さ、職人気質(かたぎ)、思いやりの心など、日本の良さを褒める姿を毎日のように見かけます。

 日本を称賛する本や番組が増える現状を「ナショナリズムの高まりだ」などと批判する評論家もいますが、私は、悪い点ばかりだとは思いません。

 20年近く不況が続くという異常事態のなかで、多くの日本人が自信を喪失し、閉塞感を抱いています。そういう状況のもと、自らの美質を改めて認識し、明日への活力としたいと願うのは人間の自然な感情です。

 また、バランスの回復という面も見てとれます。昨年夏に朝日新聞の「従軍慰安婦」の虚報が白日のもとに晒(さら)されたように、戦後マスコミの自虐的傾向が是正されつつある、とみなすことも可能でしょう。

 昨年秋に統計数理研究所が発表した「国民性調査」によれば、ここ5年間で、日本人の自国イメージはだいぶ良くなっています。たとえば「生まれ変わっても日本に生まれてきたい」と考える割合は、どの世代でも増加しています。また、「勤勉」「礼儀正しい」「親切」といった徳目を、日本人の長所としてあげる割合も過去最高となっています。

 ただ私は、こうした「日本称賛ブーム」に物足りなさも感じます。それは、日本の良さを守り、次代へ伝えていくために何をなすべきかという具体的な議論や動きにつながっていないことです。

 「勤勉」「親切」「礼儀正しさ」などの徳目は、昨今ますます勢いを強めるグローバル化の中で損なわれる恐れがあります。

 企業の国際競争力を高めるには人件費を抑えなければならないので、非正規労働者はさらに増えるでしょう。そうなれば「努力すれば報われる」という前提があってこそ、初めて成り立つ「勤勉」という徳目の多くは、失われざるを得ません。「親切」「礼儀正しさ」も同様です。グローバル化の中で、これらの徳目を育くみ、伝えてきた地域社会が衰退していくからです。「シャッター街」はいまや日常の光景ですし、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への加入が決まれば、農村の荒廃も進むでしょう。

 また、「日本称賛ブーム」で望ましくないと思うのは、「外国人のほとんどは日本好きだ」という誤解を生じさせはしないかという点です。外国人、特に影響力のある外国人には、「日本のやり方」に理解を示さず、「合理的な我々のやり方」を押し付けてくる者が決して少なくありません。むしろそのほうが多数派でしょう。日本を褒める外国人の本や番組が溢(あふ)れることは、「国際社会は常に公正で、日本に悪意など抱くはずがない」という戦後日本特有の「平和ボケ」を持続させる危険性をはらんでいます。

 「勤勉」「親切」「治安の良さ」「思いやりの心」などの日本の美質は、先人の絶えざる奮闘や工夫の上に成り立ってきたことを認識しなければなりません。そして今後も日本の良さを守り、次世代に伝えていくために、どのような政治や経済のあり方を保つべきなのか、国際社会とどのように付き合っていくべきなのかといった問題を、常に冷厳に考えていく必要があるはずです。

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。