スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】『大阪の事なんてホンマはどうでもええと思ってた』ってことなんちゃうん?」

-藤井聡教授FBよりシェア-

念のためののご報告....ですが、下記報道にありますように、「大阪都構想」なるものは、完全になくなりました。法定協議会を廃止することになったからです。これで「形を換えて復活する」なんてことも、(実質上完全に)あり得なくなりました。

筆者は都構想なぞそもそも「論外」の代物なので、これは大変結構な話であり、大阪の未来にとって、大変に喜ばしいことだと考えます。

ですが、何とも釈然としない感覚にとらわれるのは、当方だけではないでしょう。


なぜそんな気分になるのか......そんな事にご関心の方は、下記、ご一読ください。(論証は少々ややこしいですが、ご理解いただける方には、すっとご理解いただける内容ではないかと思いますw)。

・・・

何が釈然としないか、といえば......まず口語で言うと、こういうことだからです。

「なんか橋下さん、すぐに法定協議会廃止っていうた方が潔くってかっこいい、って思ってるんかもしれんけど、

結局それって、『都構想やったら大阪にとってええんやでーーって、ずーーっとゆーてはったけど、それは口でゆーてただけで、ホンマはそんな事全然思って無かった』ってことなんちゃうん?

もっとゆーたら、『大阪の事なんてホンマはどうでもええと思ってた』ってことなんちゃうん?」

という疑念がどうしてもでてきてしまうからです。

これで伝わった方には伝わったと思いますが、さらにもうすこし詳しく解説すると、次のようになります。

そもそも個人の進退については「潔さ」ってのは美徳となることもあるのかもしれませんが、「政策」においては「潔さ」ってのは美徳どころか悪徳ですらあります。

なぜならそもそも、住民投票の結果と、都構想で大阪が豊かになるかどうかは、関係のないからです(そもそも、「真実は少数に宿る」なんてことも言われるくらいですからw)。

もしも本当に、賛成派の方々が都構想で大阪を豊かにできると信じているのなら、そして本当に大阪の未来を豊かにしたいのなら、住民投票で否決されようが何をされようが(それこそマックスウェーバーが言うような不屈の精神で)都構想の実現を目指せば良いはずではありませんか。

それを「たかだか住民投票で否決されたくらい」で完全にあきらめる、というのは、次の二つの可能性のいずれかあるいは両方が「真」であるとしか考えられません。

(1)大阪なんてどうなってもいいと思っている(だから、住民投票で否決されれば、あっさりあきらめられる)。

(2)本当は、都構想で大阪が豊かにできるとは信じてはいない(だから、住民投票で否決されれば、あっさりあきらめられる)。

もちろんこれ以外にも、

「都構想で大阪が豊かにできるかどうかは、本当はよく分からないが、多数決で賛成多数になれば大阪が豊かになるのだろうと考えられるが、否決されれば豊かにならないだろうと考えられる」

という可能性もあるかもしれませんが、この説は、完全にアホですね。そんな事は政策論的にありえません。繰り返しますが、政策の正しさと、多数決とは関係ありません。

あるいは、

「大阪の未来のこともしっかり考え、かつ、都構想が絶対必要だと考えるが、これがラストチャンスだ、といってのけた以上、仕方ない、と考えている」

という可能性もありえますが....よくよく考えれば、そんな可能性も100%ありえません。なぜなら、(1)(2)のいずれかあるいは両方が真でなければ、「これがラストチャンスだ」と言ってのけることなどあり得ないからです!

...

ということで、論理的に考えれば考えるほど、下記ニュースで報道されているように、都構想推進勢力が今回の否決を受けて都構想を完全に即時断念する、という判断をするということは、上記の(1)(2)のいずれかあるいは両方が真である、ということを示唆しているとしか考えられないわけです。
(※ 万一、これ以外の可能性があれば是非、ご教示くださいw)

...

ということで、繰り返しますが、下記ニュースを見たら、以下の様に感じてしまわざるを得ないのではないかと......筆者には思えるわけです。

「なんか橋下さん、すぐに法定協議会廃止っていうた方が潔くってかっこいい、って思ってるんかもしれんけど、

結局それって、『都構想やったら大阪にとってええんやでーーって、ずーーっとゆーてはったけど、それは口でゆーてただけで、ホンマはそんな事全然思って無かった』ってことなんちゃうん?

もっとゆーたら、『大阪の事なんてホンマはどうでもええと思ってた』ってことなんちゃうん?」

.....以上、いかがでしょうか? 気になる方は、是非一度、お考えになってみてください。


都構想を正式に断念…大阪府・市の法定協廃止へ
2015-05-20 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「大阪都構想」の頓挫を受け、橋下徹・大阪市長、松井一郎・大阪府知事は、都構想の制度案策定を担った法定協議会(特別区設置協議会)を廃止する方針を固めた。今後、府市両議会に廃止議案を提案する。法定協が廃止されれば、都構想に再挑戦することはできなくなる。事務局である府市の共同部署・大都市局も6月30日付で廃止する予定だ。 都構想の法定協は大都市地域特別区設置法と府市両議会の議決...
関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。