【藤井聡】「コンプライアンスが日本を潰す」 “はじめに”と“おわりに”

藤井聡教授FBよりシェア

『コンプライアンスが日本を潰す』
    ~新自由主義との攻防~

デフレ脱却、強靱化、財出....等の議論は、結局は「コンプライアンス問題」につきあたります(コンプライアンス=法令や規範・ルールの考え方に従うこと)。日本を救うためには、間違った法律やルールそのものを変えていくことがどうしても求められます。そしてその背後には、最終的には福沢諭吉が主張した「独立自尊」の問題が横たわっています.........私たち国民の将来・未来のために.....もしよろしければ、是非一度、お目通しください。




コンプライアンスが日本を潰す

~新自由主義との攻防~



藤井聡 著


今まさに、急速に「日本という一つの国」が潰れようとしています。



日本という国は、長い時間をかけて、途中でどこかの国に潰されたり支配されたりすることなく、今日まで「一貫」した歴史と伝統と文化を紡ぎ続けてきました。ところが、まさに今、この長い歴史とそれに裏打ちされた伝統と文化をもった「日本」という国が、本当に急速に、潰れようとしています。

もちろんそれは、この日本列島が完全に破壊されたり海の底に沈んだりすることを言っているのではありませんし、この極東の島で生まれた「ニホンジン」が全滅してしまうということではありません。恐らくは、この日本列島はこれからも残っていくでしょうし、ニホンジンも、これから長らく生き続けていくことだろうと思います。

ここで、「潰れようとしている」と申し上げているのは、「長い歴史の中で一貫して守られてきた日本」です。つまり、例え同じ生物的な遺伝子を持ち、この極東の島に生息していたとしても、歴史も文化も伝統も何もかも昔と入れ替わってしまったとしたら、もうそれは、生物学的に「ニホンジン」と言うことはできても「日本人」とは言えません(それは、昔のアテネの民と今のギリシャ人が違うのと同じことです)。同じように、そんなニホンジンばかりの国になってしまったのなら、その国はもう「日本」とは呼ぶことのできない、例えば、「ニッポン」とでも呼ぶべき国になってしまうでしょう。

・・(中略)・・その崩壊に大きく貢献しつつあるもの────それが、「コンプライアンス」なのです。



~以上、『はじめに』より



本書は、多くの日本国民の安寧を考えたとき、新自由主義やそのイデオロギーに基づく法令に対するコンプライアンスからレジスタンスへ、すなわち服従から抵抗への転換が何にもまして求められているのであって、それこそが福沢諭吉が主張した「一国独立す」の精神なのだということを主張するものでした。

ひょっとすると、多くの国民はこうした「結論」だけを目にすると、何やら極端な主張だと感ずるのかもしれません。

しかし、虚心坦懐、真っ白な気持で先入観なく本書をここまでお読みいただいた方々は、上記結論について「確かにその通り」との印象をお持ちになるのではないかと、筆者は考えています。なぜなら、丁寧に一つずつ論理を積み重ねれば、上記結論は誰も否定できないような至極当たり前のものだからです。

ですから筆者は、仮に本書が数十万人、何百万人という人々に真剣に読まれる様なことがあれば、法令遵守やコンプライアンスを無邪気に是認したり、現行法令の背後に横たわっている新自由主義のイデオロギーを闇雲に礼賛する様な風潮がこの国から消え去り、その代わりに、日本国民が自らの手で自らの価値観に照らして公正な法律システムを作り上げていく気風が生まれるに違いなかろうと考えています。

もちろん筆者とて、本書がそこまで多くの国民に読まれる様な近未来が訪れるだろうなどとは──遺憾ではありますが──必ずしも楽観的には考えてはおりません。

とはいえ、本書の最後に福沢諭吉の言葉を引用しながら申し上げた通り、「日本の事は、自分達日本国民で決める」という当たり前の独立自尊の気風は、未来はどうあれ一身独立せんと欲する国民が一人でも多く生まれ来ることによってしか、立ち現れません。そして、本書をとりまとめた筆者の願いは、そんな一身独立せんと欲する日本国民の気風の形成に、幾ばくかでも貢献する事だったのです───。



以上、『おわりに』より

発売日2012年06月

【藤井聡】コンプライアンスが日本を潰す



http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/b4/job/173-compliance


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)