スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「得体の知れない空気を打ち払う」

-藤井聡教授FBよりシェア-

今、メディア界には、都構想や橋下氏を報道するにあたって、なにやら得体の知れない「空気」があるのを感ずるのは、筆者だけでしょうか?

例えば、
http://www.sankei.com/politi…/…/150518/plt1505180052-n1.html※
にあるような発言があると、

 「敗者をこき下ろすなんて許せない!」

というつっこみがすぐに入れられているようです。

(※ ただし上記ご発言は、「こき下ろす」ものではなく、「しょうがない」という「事実」に言及したに過ぎません。「こき下ろす」という表現をつかったのは、メディア側=産経新聞さんです。「こき下ろす」という言葉を使うからハレーションが起こり、結果、その「事実」すら言いずらくなって最終的に全体主義的圧力が生じてしまう。。。と言えるのではないかと思います。とにかく、メディアには発言しずらくさせる「無用なあおり」は是非とも、やめていただきたいと思います!!!)

ただし、 「敗者をこき下ろすなんて許せない!」というツッコミは、「表面的な理由」 を口にしているに過ぎないように思えます(全員、というわけではないでしょうが)。なぜなら、もしも、結果が「逆」で、仮に僅差であっても「賛成多数」であったなら、徹底的な敗者に対するバッシングが始まっていたであろうことは間違いないだろうからです。

そもそも、都構想反対論者に対する「誹謗中傷」の中には、

 「おまえら、どうせ、負け組になるねんからな!」

というものがあったのは事実です。(例えばこちらを参照ください。 
https://www.youtube.com/watch?v=eYESd_YVikQ&feature=youtu.be 

あるいは当方に対しては、「橋下さんに刃向かうなんて、後でどうなってもしらんでぇ...」という様な暴言がしばしばありました。文字通りの脅迫、ですねw)

ですから、実際に「反対派が負け組」になったとすれば、そういう人々は間違いなく、
 「ざまぁみろ!!」
と、徒党をくんで、さながら「いじめ」のように叫ぶバッシングを始めたに違いありません。その時、彼らに、

 「敗者をこき下ろすなんて許せない!」

なんて反論をしたところで、彼らはその言葉に耳を貸すとは思えません。

それを思えば、今、 「敗者をこき下ろすなんて許せない!」 という空気が存在しているのは、 「実際に」皆がそう思っているからということ「だけ」が理由なのでは無く、何か「別の理由」があるからだと考えざるを得ません。

では、その別の理由とは一体何なのでしょうか?例えば、「おまえら、どうせ、負け組になるねんからな!」とか「橋下さんに刃向かうなんて、後でどうなってもしらんでぇ...」とうそぶいていた方々は、

 「せっかくもうちょっとで都構想が実現できたのに、
  よぉさん反対しやがって....おもしろくねぇ」

というのがホンネだが、それを口にはできないので、とりあえず、「敗者をこき下ろすなんて許せない!」 とおっしゃっているだけなのかも知れません。

いずれにせよ、そんな「重苦しい空気」が存在する中、その空気をもろともせず、上記記事のような発言がなされたということは、

 「得体の知れない空気を打ち払う」

ためには、重要な意味があるものと考えます。


「結局負けちゃった」 自民・二階氏、官邸に遠慮せず橋下氏こきおろす
2015.5.18 産経

 安倍晋三首相らと良好な関係を築いていた維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)が政界引退を表明したことで「政高党低」と揶揄(やゆ)される官邸と自民党執行部との力関係にも影響が出始めた。二階俊博総務会長は18日の講演で、橋下氏を痛烈に批判。首相は橋下氏との関係を政局運営のカードの一つにしていただけに、悲願の憲法改正などで難しいかじ取りが迫られそうだ。

 「やかましいこと言った人がおったでしょ。結局負けちゃった。引退してもらうよりしようがない」

 二階氏は18日、都内での講演で「大阪都構想」の住民投票が否決されたことを受け、橋下氏をこうこき下ろした。

 二階氏は「住民投票で反対派が負けてしまえば、大阪の政治はめちゃくちゃになる」とも強調。反対運動を他党とともに展開した党大阪府連を「個人的にはまったく理解できない」と批判した菅義偉(すが・よしひで)官房長官をやんわりと牽制(けんせい)した。

 これまで党執行部は官邸の意向も踏まえ、都構想の賛否や橋下氏の政治手法について、表立った批判を控えてきた。実際、谷垣禎一幹事長らは17日夜、開票結果に関する報道各社からの取材要請を拒否。公明党や野党幹部が談話発表などに応じたのとは対照的だ。

 谷垣氏は18日の記者会見で、その理由について「普段東京にいる幹事長が出るものではない」と釈明。とはいえ、官邸と党大阪府連との板挟みになるのを避けた面は否めない。

 二階氏は、こうした力関係をかねて苦々しく思っていたようだ。自民党幹部によると、二階氏は住民投票の開票日前、谷垣氏に「都構想は、官邸の言う通りにしてはならない」と迫ったという。

 橋下氏の敗北を受け、二階氏の言動に勢いが増したといえそうだ。

 首相は来年夏の参院選後の憲法改正発議を見据え、衆参両院で3分の2以上の賛成勢力確保のため、橋下氏に秋波を送ってきた。

 しかし、党内の雰囲気は変わりつつある。自民党の茂木敏充選対委員長は18日の講演で「維新にとって大きなダメージだ。参院選で(大阪選挙区から)2人目の候補を十分出せる」と言及。ある党幹部は辛口にこう分析してみせた。

 「政治家は、力が落ちて使い物にならないと思われたら終わり。憲法改正とかいう前に、今は安全保障法制だ」
関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。