スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】危機に備え、「増税延期」と「大型景気対策」の準備を。

-藤井聡教授FBよりシェア-

ギリシャ・中国危機への対策、についての記事です。


危機に備え、「増税延期」と「大型景気対策」の準備を。

ギリシャ危機、そして、中国の株式市場の暴落と、いよいよ、世界経済が危機的な状況に陥ってきました。

ただし、メディア上では、楽観的な見通しが言われていることがしばしばです。

例えば、ギリシャ国債を保有しているのは今や民間では無く、大半が政府機関であり、したがってギリシャがデフォルトしてもそれが世界経済に大きな打撃を与えることは無いだろう、という予測がしばしば言われています。
http://www.smam-jp.com/useful/report/ichikawa/__icsFiles/afieldfile/2015/06/22/irepo150622.pdf

同様に、中国株についても、中国政府が徹底的な対策を講じ、少なくとも当面は、これ以上の被害拡大が回避できるのではないかとも言う意見もあります。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NR57B56JTSEB01.html

もちろん、そうした楽観的な見通しが正しい可能性もありますが、そうなるとは限りません。

実際、サブプライムローン危機やリーマンショック時、日本はサブプライムの不良債権をほとんど持っていないので、影響は軽微だろうと言われていましたが、ふたを開けてみれば、実際には、凄まじい経済的打撃を受けたのです。

また、サブプライムローン危機から日本の巨大被害をもたらしたリーマンショックまで1年程度の時間がかかった事を考えれば、これから1,2年の間、リーマンショック時の経済被害と同等、あるいは、それ以上の被害を受けることは覚悟しておくことが必要です。

まず、ギリシャについてですが、ギリシャ国債の民間所持は限定的(2割程度)とは言え、ギリシャ国債を保有している各公的機関(EFSF,EU等)が数兆円から数十兆円規模で損失を出すことになりますから、ギリシャがデフォルトすれば、彼らが「緊縮的」な動きを加速する可能性がでてきます。そうなると、火種を抱えるイタリアやスペインの危機が誘発されていくことも考えられます。

そうした動きが生じてくれば、ユーロは売られ、下落、暴落することが危惧されます。

結果、ユーロ圏内の輸入価格は高騰し、実質的な消費・投資が縮小し、内需が縮小していきます。さらには、先に述べたギリシャのデフォルトで大きな損害を被った各種政府機関の緊縮的振る舞いによって内需縮小はさらに加速することになります。

一方こうしたユーロ危機よりも、より直近の危機として深刻なのが中国のバブル崩壊です。

日本のバブル崩壊が日本経済に打撃を与えたのは、多くの資産家・企業が膨大な「借金」を抱え、彼らの需要・投資が一気に冷え込み、内需が急激に縮小してしまったからです。そうしたことが、今まさに中国で起こっています(真偽のほどは定かではありませんが、大損したたくさんの投資家が自殺しているとの噂がある、とも報道されています)。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150704/frn1507041700005-n1.htm

中国の内需の縮小が、どの程度の規模になるのかは定かではありません。しかし、リーマンショック時に失われた株式資産が米国内で800兆円であった一方で、中国のそれは、現時点でたった3週間でその半分程度の水準(390兆円)に達しています。ですから、深刻な中国国内の内需縮小が起こったとしても不思議ではありません。

さらに現時点では、中国当局の常識を度外視した様々な対策(例えば、売買停止、等)で、株価は一時、持ち直す動きを見せていますが、実体経済の活力以上に株価が高騰している状況が解消されてはいませんから、いつ何時、今回と同様、あるいは、それ以上の急落を見せるかは分からない状況です。

さらには、売買禁止などで仮に株価が安定したとしても、株を得ることが出来なくなった投資家たちは、損失を最小化するために、不動産や証券等、他の資産を売却することが予想されます。結果、さまざまな金融市場の価格が急落し、さらに大量の投資家・企業が巨大な損害を被ることになることが危惧されます(特に不動産については、景気対策で無理な政府投資が重ねられてきた結果、過剰供給状態となっていますから、その下落は時間の問題です)。

その上、中国当局が、景気回復の次なる手として、輸出拡大を狙って元安誘導を図ることも予期されますから、そうなれば、日本の輸出はさらに縮小することになります。しかも、そうした元安は韓国をはじめとしたアジア諸国の景気後退をもたらし、それを通して日本の輸出がさらに減少していくことも危惧されます。

この様に、中国もギリシャも、仮に今、各種の対策で落ち着きを取り戻したように見えても、それは単に、表層的な安定に過ぎず、一皮めくれば、関連諸国に波及する深刻な潜在的な危機が残されたままとなっている状況なのです。

むしろ、問題を先送りすればする程に、潜在的な危機が肥大化し、かえって、健在化したときの危機をさらに巨大化させてしまう事になります。

それはいわば時限爆弾。

無論、表面的な危機を回避すると同時に、潜在的な危機を構造的に解消する対策が、ユーロと中国で取られれば善いのですが、残念ながら、そういう構造的対策が図られる様子は、ほとんど見られていません。

したがって、仮に今回、リーマンショックの様な危機を免れたとしても、やはり、数年以内には、それと同様のショックに世界経済が見舞われ、日本が深刻な被害を受けるであろう事は、避けがたい状況にあります。

リーマンショック時には世界中で需要が縮小し、その結果、(諸外国における)輸入が激減し、日本においては、トータルで一年間で27兆円もの輸出が激減しました。これが、日本経済に大打撃をもたらしました。

そして今回の中国・ユーロ危機もさらに深刻化すれば、日本からの輸出が激減する危機に繋がります。

現時点においても、(先にも触れたように)株価の損失総額(390兆円)はリーマンショック時損失総額(800兆円)の半分程度の水準に達しており、また、ギリシャの借金額はリーマンブラザースの破綻額の半分以上の水準です(64兆円に対して38兆円)。

こうした数字だけを比較すれば、日本の輸出が10~20兆円規模で、早晩縮減しても何も不思議ではない、と言うことができます。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=675911272509819&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&theater

しかもわが国は今、金融緩和による円安誘導で輸出を急激に伸ばし、それを通してデフレ不況が緩和されている状況です。それは、リーマンショックの直前と同様の状況です。したがってここで輸出が一気に縮減すると、再び日本のデフレは極めて深刻な事態に陥ることになります。

さらには、現在はさらにまずい事に、消費増税の影響で景気が後退しつつある状況です。ですから、今年や来年の経済ショックは、リーマンショックよりもさらに大きな被害をもたらすことが危惧されます。

・・・

いかがでしょうか?

以上はもちろん、「確定的な未来」ではありません。

しかし、「十二分以上にあり得る未来」なのです。

国土強靱化とはそもそも、このように、未来のリスクを見据え、それに対して粛々と対応を図る取り組みです。

以上の「現実的なギリシャ中国危機のリスク」を見据えれば、

・増税延期の準備
・大型景気対策の準備

が必要なことは、危機管理視点から考えれば、論ずるまでもなく当たり前のことなのです。

是非とも、日本の経済政策担当者やエコノミスト、経済学者の皆さんにも、ゼロリスクの平時のみを前提とした経済理論に基づいてあれこれと考えるのではなく、

「危機管理」

の発想で考えていただきたいと思います。

さもなければ、日本は再び、アベノミクス以前の、最悪の不況状況にたたき落とされてしまうことになるのです。

PS
合理的な「大型景気対策」を考える上で何よりも求められているのは、理性的な「インフラ論」です。ようやく今週発売となります『超インフラ論』、是非、ご一読ください!


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。