スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「橋下維新」の松井氏が「ぶっつぶした」大阪会議.の議論

-藤井聡教授FBよりシェア-

「橋下維新」の松井氏が「ぶっつぶした」大阪会議.の議論....ですがそこで議論されようとしてたのは、彼らがやるべきだ、と言ってきた事項と大いに重複しています。

彼らは、大阪自民にいちゃもんをつけるため「だけ」にこの大阪会議をぶっ壊した(=松井知事から再議要求する)のではないか・・・ という意見を明白に論駁できる方がおられれば是非、そのご意見、お聞かせいただきたいと思います。 
これは本当に、噴飯もののお話ではないかと、思います。


大阪会議“幻の議案” 水道事業や大学統合、港湾管理の一元化… 審議されぬまま流会
産経 2015.9.2

 ポスト「大阪都構想」の枠組みとみなされながら、実質審議に入れず頓挫した大阪府と大阪市、堺市の「大阪戦略調整会議(大阪会議)」。その第2回会議前に、堺市の竹山修身市長が議案を提出していたことが2日、分かった。提案は、自民党と共産党、竹山氏自身の欠席で会議が流会したため“幻の議案”となったが、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)が断念し、都構想へ傾倒する契機となった水道事業の統合も含まれていた。

 「大阪戦略調整会議の議題について」。竹山氏の提案書(7ページ)の表紙には、自身らの欠席で流会した第2回会合の8月13日の日付が記されている。4項目は▽大阪市水道の大阪広域水道企業団への統合▽大阪観光局と府内市町村との連携強化など。

 中でも「府域一水道」を目指す水道統合は、自治体間では合意したが、大阪市議会での維新以外の反対を受け、橋下氏が平成25年に断念し、都構想の必要性を一層強く訴えるようになった因縁の事業だ。

 平成21年まで府職員として橋下氏の下で調整に携わった竹山氏にとっても思い入れの深い事業で、現在は大阪市を除く府域42市町村で運営する水道企業団の長として、かつての橋下氏の主張そのままに「二重行政解消の一丁目・一番地」に位置づけている。

 松井一郎府知事(維新幹事長)と橋下氏の提案書は7月24日の第1回会合で配布されたが、こちらも審議入りできていない。2人の議案は二重行政の解消に関する▽府立大と市立大の統合▽港湾管理の一元化▽研究所の統合(2件)▽病院の経営統合-の5項目が共通で、橋下氏は単独で鉄道や高速道路の「整備の優先順位付け」などを加えた。

 提案書で、松井氏は平成13年には、当時の太田房江知事と磯村隆文大阪市長が「二重行政の解消」を議論していたと指摘し、自民側の「無駄な二重行政はない」という主張を牽制(けんせい)している。

 大阪会議は、維新が掲げる都構想が反対多数となった5月の住民投票で自民側の対案として示され、設置条例は3自治体の議会でスピード可決した。しかし、初回から規約に「都構想の対案」と盛り込むか否かの「入り口論」で維新と自民を中心に意見が対立し、2回目は竹山氏と自民と共産党の委員が欠席。維新側が対抗措置として次回以降は欠席する考えを示唆し、事実上頓挫した。

 自民は会議の運営を円滑にする目的で議決要件を変更する条例改正案を府議会に提案したが、2日午後の本会議で松井知事の再議を経て否決される見通し。

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。