【藤井聡】TPP大筋合意へ 今夜全体会合開催で最終調整  記事紹介

-藤井聡教授FBよりシェア-

誠に遺憾ながら、ことここに至れば、本件について我々言論人にできることは限られてしまっています.....まずは事態の推移を見守りたいと思います。


TPP大筋合意へ 今夜全体会合開催で最終調整
10月5日 NHK

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の閣僚会合は、焦点のバイオ医薬品の開発データの保護期間を含めて、難航分野の交渉が大きく進展しました。議長国アメリカは、事務レベルの協議を続けながら、日本を含む各国に対して、最後の閣僚らによる全体会合を日本時間の5日夜に開催したいと打診し、大筋合意に向けた最終的な調整が進められています。

アメリカ南部のアトランタで行われている、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加12か国による閣僚会合は、2度の日程の延長を経て、5日目の協議が行われています。
これまでの協議で、今回の閣僚会合で最大の焦点となっていた、バイオ医薬品の開発データの保護期間を巡って、アメリカとオーストラリアの間の協議が合意に達したほか、自動車分野でも、日本とアメリカなどの間で協議がほぼ合意に至りました。
これを受けて議長国のアメリカは、これまでの合意事項を精査する作業を進めるなど、各国との間で事務レベルの協議を続けています。
これについて、複数の日本政府関係者は「予想以上に最終的な調整に時間がかかっているが、大筋合意に向けた方向性は変わらない」と述べ、今回の閣僚会合でTPP交渉は大筋合意に達するという見方を示しました。
また、アメリカは、日本を含む参加各国に対して、最後の閣僚らによる全体会合を日本時間の午後8時から開催し、その後、午後10時半から共同会見を行いたいと打診しており、大筋合意に向けた最終的な調整が進められています。
.

各国の閣僚「合意の妨げはない」

交渉の現状について各国の閣僚は、大筋合意に向けていくつかの課題を巡り現在も協議を続けていることを明らかにしました。
このうちオーストラリアのロブ貿易・投資相は、日本時間の午前9時ごろ、記者団に対し、「アメリカのフロマン通商代表と医薬品のデータ保護を巡る交渉が折り合うまでは、多くの課題が積み残しになっていたが、今は多くの作業が進んでいる」と説明しました。そして、「確かなことは言えないが合意の妨げになる問題はないと思っており、歴史的な交渉をまとめようという雰囲気は強い」と述べました。
また、メキシコのグアハルド経済相は「関税などを巡る課題でいくつかの国が2国間の協議を続けているが、深夜までには終わり、全体会合を開く準備が整うと思っている」と述べ、交渉の行方については、「楽観している」と強調しました。


官房長官「不退転の決意と覚悟でまとめあげたい」

菅官房長官は午前の記者会見で、「現在、各国は『今回こそ最後の閣僚会合である』という共通の認識をもって、まさに大詰めの交渉を行っていると報告を受けている。政府としては、わが国の国益にかなう最善の道を追求し、不退転の決意と覚悟で臨んで、成功裏に交渉をまとめあげたい」と述べました。
また、菅官房長官は、記者団が「まだ全体会合が開かれていないが、何らかの懸案が残っているのか」と質問したのに対し、「現地で各国が最終的な調整を行っている段階であって、結果を予断すべきではないと思っているが、政府は、今回の会合を最後の閣僚会合と考えている。各国も同様の対応を行って、大筋合意がなされることを期待している。いずれにせよ、全力を挙げて交渉するということに尽きる」と述べました。
関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)