スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】GDP600兆達成へ消費増税の延期を

-藤井聡教授FBよりシェア-

下記記事の浅田教授は、当方とほとんど同じ見解をお持ちの様です。

『浅田教授は、アベノミクス「新3本の矢」の1つである名目GDP600兆円目標について「2%の物価上昇率と1.5%の実質成長率を継続すれば達成可能だ」と指摘した。

ただ、達成には「財政政策と金融政策のフル出動が必要」とし、予定通りに2017年4月に消費税率10%への引き上げを決行すれば「物価上昇率も実質成長率も下押しされる」と懸念を示した。

安倍政権について「金融緩和というアクセルと増税というブレーキを同時に踏んでおり、飛行機が成層圏に到達する前に逆噴射している格好だ」と懸念する。

軽減税率は「セカンドベストの案。増税見送りが政治的に不可能な場合はあり得る。しかし、1兆円の軽減税率を実施しても、増税によるマイナスの影響はかなり残るだろう」と述べた。』

なぜ、同じ見解になるのかというと......それが「正解の答え」である場合は、当然そういう事は起こりますよねw


インタビュー:GDP600兆達成へ消費増税の延期を=浅田教授
http://jp.reuters.com/article/gdp-idJPKBN0TY07O20151215?sp=true

[東京 15日 ロイター] - リフレ派として知られる中央大学の浅田統一郎教授は、ロイターのインタビューの中で、アベノミクス新3本の矢に掲げられた名目600兆円の国内総生産(GDP)を達成するため、物価や成長率を下押しする消費税率10%への引き上げは延期すべきと述べた。

昨年4月の8%への増税はいまだに消費を下押しており、日銀は追加緩和に追い込まれるとも指摘した。安倍晋三政権下で日銀法の改正が望ましいとも述べた。

浅田教授を含めたリフレ派の学識経験者は11月末、安倍晋三首相と意見交換しており、政府の政策立案に一定の影響力を持っているとみられる。

<安倍政権は増税で逆噴射>

浅田教授は、アベノミクス「新3本の矢」の1つである名目GDP600兆円目標について「2%の物価上昇率と1.5%の実質成長率を継続すれば達成可能だ」と指摘した。

ただ、達成には「財政政策と金融政策のフル出動が必要」とし、予定通りに2017年4月に消費税率10%への引き上げを決行すれば「物価上昇率も実質成長率も下押しされる」と懸念を示した。

安倍政権について「金融緩和というアクセルと増税というブレーキを同時に踏んでおり、飛行機が成層圏に到達する前に逆噴射している格好だ」と懸念する。

軽減税率は「セカンドベストの案。増税見送りが政治的に不可能な場合はあり得る。しかし、1兆円の軽減税率を実施しても、増税によるマイナスの影響はかなり残るだろう」と述べた。

<日銀は追加緩和も>

昨年4月の消費税率8%への引き上げは「いまだに消費に影響を及ぼしている」とし、その対応のために日銀は「年明けにも追加緩和に踏み切る可能性がある」との見通しを示した。

日銀による巨額の国債買い入れについて、市場や一部日銀審議委員の間で持続性に懸念も出ているが「中央銀行が資金供給の手段として、買い入れることができる資産は、いくらでもある」と指摘した。

浅田氏は20年間のデフレの背景に、日銀の緩和不足と1997年の消費税率引き上げの影響が存在しているとみている。

日銀が政府と歩調を合わせた政策運営を行うよう「安倍政権と黒田日銀が存続している間に、日銀法を改正すべき」「誰が総理・総裁になろうと、日銀の義務を法律ではっきりすべきだ」と指摘。

「日銀は物価目標のみならず雇用の最大化、失業率にもコミットすべきで、政府と協議して目標を定めるのが望ましい」と主張した。

インタビューは14日行われた。
関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。