【藤井聡】須田氏の事実ではなく単なる(名誉棄損の誹謗中傷とも言いうる)「邪推」つまり「ウソ

-藤井聡教授FBよりシェア-

須田氏が,事実ではなく単なる(名誉棄損の誹謗中傷とも言いうる)「邪推」つまり「ウソ」を,断定的に公言しておられます.

「・自民党大阪府連は二階氏によってリモートコントロールされている.
 ・藤井は二階氏の子分
 ・だから,藤井氏は橋下氏にかみつく」
  ニコ動 http://www.nicovideo.jp/watch/sm27677132
  youtube https://www.youtube.com/watch?v=nlUzw1jqOyo

つまり,藤井は二階氏の意向と独立に自分の意志で橋下氏批判をしているのではなく,二階氏の意向に沿うために,橋下氏批判をしているに過ぎない,というご主張です.

(「リモートコントロール」「子分」「かみつく」といった,発話者の品性を疑うような文言が使われている,という点をさておくとしても)ネット上の匿名の書き込み等でなく,「虎ノ門ニュース」なる番組でここまであからさまな「ウソ」が当方について公言されるのも珍しいことですので,ここにご紹介差し上げます.

なぜ,この須田氏の主張が明らかにウソであると断定できるのかと言えば,この度の「大阪ダブル選挙」の議論が始められる遥か昔の,例えば2012年3月には当方は「橋下維新政治」批評を既に始めており,
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/archives/151

その後も様々なメディアで,同様の批評を行ってきた,という
 「事実」
が厳然と存在しているからです.
(例えば http://www.sankei-books.co.jp/m2_bo…/2012/9784819111973.html

繰り返しますが,ここまで明らかに事実と乖離しているということが即座にわかる内容であるにも関わらず,このような虚偽を公言されるのは珍しい......ということもあり,ここに改めてご紹介差し上げた次第です.


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)