スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】大嘘、デマ「経済」の分野においては日常茶飯事

-藤井聡教授FBよりシェア-

一般の方々にしてみれば、「専門家」が主張していることがまさか、「大嘘」や「デマ」であることなどあり得ない....とお感じかも知れません。

しかし、誠に残念ながら、「経済」の分野においては、それは日常茶飯事なのです。

下記記事はその典型.....と考えます。

『財政的な需要拡張としては、従来、しばしば公共事業が登場し、現在も「国土強靱化」、「インフラ整備」といった掛け声の下で、公共事業支出を拡大しようとする意見があるが、この種の支出は、お金の行き先が偏ることと、現在、建設業には供給余力が乏しいことを考えると、上策であるようには思えないし、少なくとも、広く国民にお金を配るという意味での「ヘリコプターマネー」のイメージにはふさわしくない。」
http://diamond.jp/articles/-/90898?page=3

ここには少なくとも下記の2つの「事実誤認」が混入しています。こうした事実誤認を放置していることは公益を大きく毀損する疑義が濃厚ですから、ここで改めて指摘しておきたいと思います

(1)建設業には供給余力が乏しい
いいえ、違います。
既に人手不足はほとんど解消しています。
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/756685197765759

(2)財政的な需要拡張として公共事業は......ふさわしくない
いいえ、違います。
純粋なヘリコプターマネーは「フロー効果」しか存在しませんが、公共事業は「投資」であり、「インフラ形成」です。そして、そのインフラには莫大な「ストック効果」があります(早く移動できる様になる、災害の被害が減る、等のインフラによる当たり前の効果です)。それを度外視して、ふさわしくないと断ずるのは、悪質なデマの部類と言われても致し方ありません。しかも「フロー効果」の点からも問題があるように論じられていますが、これも著しい事実誤認。そもそも、単なる『給付」の場合は、個人の所得が増えるだけですが、「投資」の場合は、「法人の収益」と「個人の所得」の双方が増進します。「法人の収益」が増えれば、「法人の民間投資」も刺激され、さらにそれが「民間投資のストック効果」を生みます(技術開発も含みます)。さらに、法人の収益は「雇用」も生みます!しかもしかも、インフラ事業の場合は、関連産業が膨大にあります。建設、コンサル、運輸、そして、鉄鋼、セメント、コンクリート、採石等の各資材、各種機械、その機械の各要素(バネ、ネジなど)....こういった関連産業全ての「収益」が増進します。つまり、

・インフラ事業にはストック効果が存在する
・インフラ事業では法人収益も増進する
・その増進した法人収益は、民間投資を誘発する
・その誘発された民間投資が、さらにストック効果を発揮する
・しかも、インフラ事業は関連産業が極めて広範である

。。。という実に多様な「事実」の「全て」を「無視」して、それでも「ふさわしくない」と「専門家」が言ってのけるなど......「専門家」として深刻な罪過ではないかと、筆者は真剣に感じます。

なお、インフラ投資については、過日官邸の分析会合でスティグリッツ教授が何度もその必要性に言及しています。また最近では、日経でアイケングリーン教授がその重要性について改めて次の様に言及しています。

「金利が歴史的低水準まで下がり、建設的なインフラ投資をするまたとないチャンスを今使わないとしたら、一体いつ使うというのか。
 ・・・カナダでは・・・既存輸送システム修復への予算を増やすほか、大規模なインフラ建設も検討している。
 イタリアではレンツィ政権がエネルギー、デジタル技術、輸送インフラへの投資を打ち出した。」
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02061880Z00C16A5KE8000/

下記記事のエコノミストと呼ばれる方と、アイケングリーン教授やスティグリッツ教授の主張は真っ向から対立していますが、どちらが正しいのでしょうか?上記指摘と併せて、少しだけでもお考え頂ければ幸いです。

いずれにせよ、国の未来に関わる政策的言説は、何が格好いいとか格好ワルイとかじゃなく、何が正しいか間違っているか「のみ」を基準とすべきです。にも関わず、現実の政策効果を度外視し、ただ単に「田中角栄がやってたようなドケンじゃかっこワルイ」というイメージだけでご発言されている方がおられるとすれば、言語道断と言わざるをえないでしょう。そして下記記事は、その疑義が極めて濃厚であるように思えるのです。


国民への「バラマキ」をフェアかつ有効に行う方法はあるか?
山崎元 経済評論家
http://diamond.jp/articles/-/90898?page=3

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。