スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】『コンプライアンスが日本を潰す』レビュー

藤井聡教授FBよりシェア

ちなみに.....外国政府との条約を結ぶことの権限は政府にある以上、現首相が「絶対にやる!」と頑なになれば(彼を内閣不信任等で彼を解任する以外には)それを合法的に止める手だては、この世に存在しません。しかしそれでもなお、政府によるTPP推進の動きは、日本国民のためには、絶対に止めなければならないものです。

当方がなぜそう確信しているのかというと、偏に、本書のテーマである「コンプライアンス=服従する事=媚びる事」が「日本を潰す」ということが明白だからです。

独立も自尊もない、媚びへつらうだけの国では、誇りが不在であるのはもちろんのこと、皆の安寧もささやかな幸福もなくなってしまう....ということを、多くの現代人が忘れているのが、平成のTPP 議論をゆがませている最大因なのだとうという風にもいえると思います(媚びてばかりいる奴ってどこにでも居ますが、ぜぇぇぇぇっっっったい幸せそうじゃないですもんね 笑)。




『コンプライアンスが日本を潰す』レビュー

新自由主義との攻防~TPP絶対阻止と「談合」の合法的復活へ

 著者の藤井聡氏は、京都大学大学院教授で、2011年より京都大学レジリエンス研究ユニット長を務めている。ベストセラー『公共事業は日本を救う』(文春新書)の著者で、国土強靭化計画を提唱。最近では、活字媒体のみならず、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」などテレビメディアにも登場し、積極的な発言を行なっており、注目を浴びている。

 藤井氏との出会いは文藝春秋社から出版された『公共事業は日本を救う』(文春新書)からである。氏の展開される大胆な主張に心惹かれた。それ以降、氏の発表される著書・論考を可能な限り収集し、精読してきた。

 この20年、橋本政権以降、小渕内閣での若干の公共事業の伸びはあったものの、小泉構造改革で大幅削減され、公共事業は税金のムダとされてきた。民主党政権下でも「コンクリートから人へ」などというバカげた発言がいわれるなか、公共投資の縮減は続き、建設業者の倒産が全国で相次いでいる。ここに来てようやくこの状況にブレーキがかかろうとしている。6月4日、自民党が衆議院に国土強靱化基本法案を提出した。この法案は、東日本大震災を受けて、災害に強い国土づくりを進めることを目的とし、公共投資による需要創出で、20年続くデフレから脱却していくことを目指している。財源は国債発行でまかなう。国土強靱化基本法案は、藤井聡氏の理論をもとに法案化されたという。

 藤井氏は本書のなかでも、第2章巨大産業の崩壊~建設産業を潰す「コンプライアンス」として1章まるごと割いて、建設業が独占禁止法によって潰されようとしていることに警鐘を鳴らしている。

 藤井氏の主張はこうだ。戦後、占領中に米国に押し付けられた独占禁止法が、1990年代の「日米構造協議」によって強化され、独禁法を運用する公正取引委員会が談合システムを摘発していく。公正取引委員会は日本に埋め込まれた経済警察であり、新自由主義路線を進める学者が生み出した装置である。入札制度を、一般競争入札に変えた政府の決定と大手ゼネコンの脱談合宣言は、「中小建設業者は倒産することもやむなし」という降伏宣言であった。談合は、工事の質を確保しながら、建設業がそれぞれの地域で安定的に残され、地域の人々の暮らしや経済が支えられていくものと肯定する。

 藤井氏は「日本人にとっての法は、日本人の社会通念・良識に従って、日本人によって日本人のために、つくられなければならない」として、昨今の構造改革を厳しく指弾しているが、アメリカからの要求で郵政民営化をはじめ一連の改革が進められてきた結果は、言うまでもない。TPP(環太平洋経済連携協定)は、タクシー産業や建設産業を衰退させた動きが、食や医療、保険といった生活の安寧を脅かすことに拡大していくもので、日本を存続させるために絶対受け容れてはいけないと反対する。

 藤井氏の主張と、大手メディアに跋扈する論調とは全く異なるものだ。氏は、「建設業は悪の巣窟だ」「市場開放は善だ」というメディアや経済学者の垂れ流すプロパガンダに正面から抵抗している数少ない学者の一人。テレビに登場しても堂々たる論陣を展開している。

NETIBNEWS K氏


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。