【藤井聡】ゼロリスクを求める愚 ~豊洲「水銀」騒動に見るリスク心理学~

-藤井聡教授FBよりシェア-


「豊洲」の件は、ホント、これまで当方が研究を続けてきた様々な人文社会科学の諸理論が、そのままバッチリ当てはまる現象ばかり・・・です。

今回は、これまでの社会心理学やナラティブ分析とはまた少し異なる、「リスク心理学」の知見を援用しつつ解説差し上げました。題して、

 ゼロリスクを求める愚 ~豊洲「水銀」騒動に見るリスク心理学

ご関心の方は是非、ご一読ください!



ゼロリスクを求める愚 ~豊洲「水銀」騒動に見るリスク心理学~

「豊洲」市場移転の件、これまで当方、
空洞やがらんどうと報道されている「地下ピット」は、
「技術的」に見れば、より衛生的であると考えられる、
と申し上げてまいりました。

しかし、今となっては、豊洲が危ない! 
と煽り続けたメディアも政治家も世論も
「振り上げたこぶし」のおろし方が
分からなくなってしまっており、
これからは「些末な事」がことさら大きく
騒ぎ立てられるだろう――と社会心理学や
物語分析に基づいて指摘して参りました。

http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/09/21/fujii-215/
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/10/11/fujii-218/


いわば、これまで豊洲の件で騒ぎ立ててしまった人々が
「豊洲移転において何か大きな東京都の闇があって欲しい」
「豊洲が実際に汚染されていて欲しい」
という潜在的な願望を持っている、という愚か極まり無い事態が、
社会心理学に基づく冷静な分析から予期されるに至っているわけです。

そんな中、今、特に豊洲の件で大きく騒がれているのが、以下の「水銀騒動」。

「豊洲地下空洞の空気から指針7倍の水銀検出 健康に影響『直ちにはない』も…」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161017/dms1610171150007-n1.htm

この結果を受け、メディア上では「それみたことか!」とばかりに、
激しく豊洲を非難する報道が続いています。

「今度は水銀検出 “毒まみれ”の豊洲市場は取り壊すしかない」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191966

「大気から指針の7倍の水銀、豊洲専門家会議で怒号飛ぶ」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2892703.html

また、インターネット上でも、
「豊洲移転はもう無理」「豊洲オワタw」
という趣旨の発言が散見されている様です。

では、ホントに「豊洲移転はもう無理」なのかどうかを、

「技術的」

な視点で考えてみましょう。

・・・

第一に、大気や土壌の中に水銀が含まれることは、きわめて一般的です。
それが「ある」ことそれ自身を騒ぎ立てることはナンセンスです。
https://www.pref.saitama.lg.jp/cess/cess-kokosiri/cess-koko20.html

だから問題はその「濃度」なのですが、それについての「国の指針」は、
大気中の水銀は1立法メートル当たり「0.04ug」以下(ug = マイクログラム)。

今回はその7倍の、1立方メートルあたり0.28 ugが、
地下ピット内のいくつかの空気中で検出された、とのこと。
これが今回の「騒動」の原因なのですが、
そもそもこの「国の指針」というのが
どこから来ているのかといえば、(後ほど詳述しますが)

  「その空気を、生涯吸い続ける」

ことで、健康被害が生じるリスクが無いとは言いきれない濃度を意味しています。

つまりそれは、私たちが四六時中呼吸している生活空間の「大気」の基準なのです。
したがって、今回取り沙汰されている「国の大気の指針」なるものは、
通常人が立ち入ることがない「地下空間内の空気」の質を云々するような指針とは全く別。

そもそもその地下空間内に住み続ける人なんてどこにもいないのですから、
今回の一件は「オワタ!」等と大騒ぎするような話しではないのです。

にも拘わらず、それを知らない
(そして、豊洲の汚染が真実であってほしいという
潜在的願望を根強く持っているであろう)記者やネット住人達が
騒ぎ立てている・・・というのが実態だという次第です。

・・・

とはいえ、食品を扱う市場の下の空気が汚染されているのは、
なんだか不安――と言う方もおられるかもしれません。

しかしその点についても、少なくとも今回の報道情報から判断する限り、
過剰に「不安」がる必要は全く無いと、筆者は考えます。

詳しくは、文末の【付録:水銀の環境指針について】に記載しますが、
そもそも、今回参照された「国の指針」である「0.04ug」という数字は、
どれだけ体重が軽い人でも、仮に懐妊していても母胎のみならず
胎児にすら影響がでることはほぼ「絶対」ないと言い切れる水準、です。

つまり日本の環境の指針は、「安全側すぎるほどに安全な指針」
ともいえるものなのであって、実際、ドイツでは、
健康に被害がでる水準として設定されているのが、

  0.35ug(1立方メータあたり)
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002kunp-att/2r9852000002kusc.pdf

という約9倍の水準ですし、WTOでは、

  1ug(1立方メータあたり)
  https://www.pref.saitama.lg.jp/cess/cess-kokosiri/cess-koko20.html

という約25倍の水準となっています。

だから、今回の豊洲で報道されている水銀量は、
極めて厳しい「日本の指針」を「7倍」という形で上回る結果が示されましたが、
環境に厳しいドイツを含めた諸外国では基準値以下の「安全」と言われる水準なのです。

さらに言うならもう一度繰り返しますが、
あの地下空間に住み続ける人など居ないのですから、
この基準で考えことそれ自身がナンセンス。

日常的に摂取する「飲料水」とそうでない「排水」の基準では
10倍の開きがあるのですから、「地下室内の空気」も、
日常的に摂取する大気の基準を「10倍」の基準で
考える方が合理的ということもできるでしょう。

そう考えれば、日本の指針の「7倍」となった今回の地下室内の空気は、
日本の極めて厳しい(日常的に摂取しない空気として想定される)環境指針をも
「クリア」できるほどに「衛生的」な空気だということもできるでしょう。

以上の議論だけでも十分だと思われますが、
さらにだめ押しでもう一つ付け加えるなら、
この地下空間内の空気なぞ「換気」をすれば
、一気にその濃度が低下することは火を見るより明らかです。

実際、東京都の「専門家会議」の委員も十分知っていて、
平田健正座長も「換気」の必要性について言及している事を最後に申し添えておきましょう。

・・・

以上、いかがでしょうか?

第一に、今回取り沙汰されている基準は
「日常的に生涯」吸い続ける大気についての基準であり、
地下室内の空気に当てはめて騒ぎ立てるのはナンセンス極まりない話であり、

第二に、「換気」すれば一気に問題は解決するであろう問題であり、そして何より、

第三に、今回の地下室内位の空気を、「仮に、一生涯吸い続けた」としても、
「体重50kgの妊婦においてすら、母体のみならず胎児にも影響がでない」
と言われるほどに安全な水準のものだ、

というのが、客観的事実でなのです。

筆者は、これら三つの論点はどれ一つとっても、
それだけで「大騒ぎする必要性がない」ことを示す論拠であると思われますが、
今回はこの三つが「同時」に成立しているのですから、技術的に判断すれば、
騒ぎ立てる必要など「全く無い」状況なのではないかと考えられるのです。

・・・・

ただし・・・・
「一旦、何かのリスクが気になりだしたら、ちょっとした事で大騒ぎしてしまう」
という事態は、何も今回の豊洲の一件だけではありません。
そういう事がくり返されていることは、
「リスク心理学」という学問の中でよく知られた客観的事実です。

つまり、存在論的な不安にさいなまれている現代人は、
ちょっとしたきっかけがあれば過剰にリスクに怯え、
絶対に達成できない「ゼロリスク」を求めてしまう
―――というきわめて不条理で愚かな存在なのです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4641173877

残念ながら、今回の豊洲の件は、まさにそういう
人間の愚かさを証明する典型例となってしまっているやに思えます。

そんな愚かさを乗り越えるには、自らが如何に愚かな存在となり得るのかを知ること。
これから当方も是非、そんな「無知の知」(自らの愚かさの自覚)を忘れないようにしていきたいと思います。

追伸:「リスク心理学」にご関心の方は是非、こちらを。
https://www.amazon.co.jp/dp/4641173877

【【【【  水銀の環境指針について  】】】】

日本の食品安全委員会は、
人が一生涯とり続けることが出来る水銀の上限(暫定耐容一週摂取量)は、
メチル水銀について2ug/kg体重weekだと定めています
(ちなみに、この数値は、「妊婦の胎児への影響」を加味したものですので、
かなり「安全側」の数値となっています)。
http://jccu.coop/food-safety/qa/qa02_02.html

これはつまり、例えば体重50kgの人なら、
一週間当たり100ugまでは摂取しても健康被害はない、
という事を意味します。

一方、人間は一日平均14.4立法メートルの空気を呼吸することを考えると
http://www.daikin.co.jp/naze/html/d_1.html
体重50kgの人なら、その人が仮に妊婦であっても、
1立法メートルあたり約1 ugの空気を一生涯吸い続けても、
健康被害はない、という事になります(100/(14.4×7)=0.99)。

そして、今回地下空間で検出された水銀濃度は、
「1立方メートルあたり0.28 ug」ですから、
仮にそれが全て「メチル水銀」であったとしても
(実はそうでない可能性の方が高いですが)、

「体重50kgの妊婦が、一生涯、この空気を吸い続けていても、
母体のみならず、胎児にも影響がでない」

ということになります。

もちろん、人はいろいろな食品から水銀を摂取するかもしれませんし、
より体重の軽い方もいますから、そうしたこともそれも踏まえて国の指針は、
「0.04ug」という極めて低い値に設定されているわけです。


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)