スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「増税」するのが「消費税」だなんてあり得ない!

藤井聡教授FBよりシェア

先週、日刊ゲンダイさんに掲載いただいた、連載記事『日本経済の「虚」と「実」~新聞報道に騙されるな!~』のPart 4です。

ホント、消費税だけでもめちゃめちゃよーさんのウソ話があるものです(苦笑)。



日本経済の「虚」と「実」~新聞報道に騙されるな!~④

「増税」するのが「消費税」だなんてあり得ない!


今週の 増税するなら消費税が1番いいんです!
しかし際はデフレ下の今,「増税」するのが「消費税」なんてあり得ない!

「消費税増税」を巡る議論の中には,様々な虚そら事,すなわち「ウソ話」が含まれている.中でも,次のウソ話は,国民にとっては特に許し難いものだと思う.

「増税するなら,消費税が一番いいんです!」

そもそも,デフレ不況下では「増税」そのものが基本的に論外ではあるのだが,仮にそれを不問に付すとしても,増税のターゲットを「消費税」にするということは全くもって許し難い話だ.

そもそも,消費税がターゲットにされる表向きの最大の論拠は,それが「安定財源」だからだ.社会保障費は安定的に伸びていくのだから,安定的に税収が得られる消費税が望ましい,というわけだ.

確かに,消費税は安定財源だが,これつまり,消費税が「景気が良くても悪くても安定的」に得られる税金だということを意味している.これは税を「取り立てる側」にしてみれば有り難い話だが,「払う側」の国民にしてみればたまったものではない.

例えば5%の消費税増税を考えるとするなら,その5%は,好景気時には国民に深刻な被害をもたらすとは考え難い(むしろ,過剰なインフレになりそうな時には,その抑制のために消費税増税が「得策」となるケースも考えられるくらいだ).しかし,不景気の時には,余裕が無くなった庶民にとってはたった5%と言えども極端に「実質的な負担感」が大きくなる.

一方,増税の際に消費税をターゲットにするということは,消費者「以外」の人々は増税を「免れた」事を意味している.誰が増税を免れたのかと言えば,第一に挙げられるのが「法人」だ.とりわけ,近年巨額の内部留保を積み上げ続けている「大企業」こそが大きく増税を免れることとなる.加えて,所得や資産からの増税を免れた高額所得者や資産家等の「富裕層」も増税を「免れた」と言えよう.

つまり,増税の際に消費税をターゲットにするということは,「弱者」が大半を占める消費者に対して「増税」する一方で,大量の金融資産を所持する「強者」である大企業や富裕層は相対的に「免税」されるのである.

そもそもデフレ不況は格差の拡大をもたらし続けてきた.そんな中,消費税の増税なぞを敢行すれば,デフレによって生み出された格差をさらに過激に促進し,デフレ不況をより深刻化させることは必定なのだ.

すなわち,どこをどう考えても,民を慮る為政者がいるとするなら,彼にとってはデフレによって生み出された大量の弱者をさらに弱者化せしめんとする消費税増税などは,万に一つもあり得ぬ選択なのである.

日刊ゲンダイ,2012.7.27
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/b4/job/191


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。