スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】維新八策に仕掛けられた「パック効果」の罠

藤井聡教授FBよりシェア

先週、ゲンダイさんに投稿した連載記事です。
認知心理学で言われる「パック効果」というシンプルな効果を紹介しつつ、
「維新八策の恐ろしさ」が過小評価されている、
恐ろしくも愚かしい背景をお話しています。



日本経済の「虚」と「実」~新聞報道に騙されるな!~⑯
維新八策に仕掛けられた「パック効果」の罠


京都大学大学院教授 藤井聡

 認知心理学では,「パック効果」というものの存在が知られている.
 ある人物に嫌いなものAを見せ,これを避けるのにいくら払いうかと聞くと「一万円」と答えたとしよう.続けて,別の嫌いなものBを見せた時に同じく「一万円」と答えたとしよう.
 この時,AとBを同時に見せて「AとBを避けるのにどれだけ払いますか?」と聞いたら,彼はいくらと答えるだろう?本来なら,一万円と一万円の合計の「二万円」と答えるはずだ.しかし多くの人々はそう答えない.「まとめて」提示されれば,例えば一万三千円,場合によっては八千円等と答えてしまうのである.これが「パック効果」と呼ばれるもので,「一纏め」にされた時の心的インパクトは激しく薄められ,別々に提示された時の心的インパクトの合計よりも遙かに小さくなるのである.
 意図的か否かは別として,橋下氏がこの度公表した,あらゆる施策をパッケージ化した「維新八策」は,明確にこの「パック効果」を活用するものとなっている.
 その代表が「TPP」だ.
 TPPと言えば昨年国論を二分した大問題だ.TPPに加入すれば世界最大の経済大国アメリカの超大企業が日本のあらゆる市場に進出し,数多くの中小企業が潰れ,今日の不況がより決定的に進行し,多くの国民が激しい格差社会に叩き落とされる.加えて,食や医療の安全安心も蝕まれ国民皆保険も崩壊する.こうしたリアルな危惧意識の下,国民の概ね半数が「反対」を表明しているのがTPPだ.
 だから合理的に考えるなら,TPPの推進を明瞭に謳い上げている維新八策に対して,少なくとも国民の約半分を占めるTPP反対者は全員「反対すべき」なのだ.
 しかし八策の中にTPPがパックされた事で,TPPに対する反発が一気に薄められている.結果,国民は維新八策に対して,TPPに差し向けた程の強い反発を一切差し向けてはいない.
 何と愚かしい話なのだろう.
 もちろんパック効果の存在は,人間の愚かしさを証明するものではある.しかし「政治」とは本来,そんな人間
が持つ本来的な愚かしさを乗り越えるために存在するものではなかったのか.
 今一度,我々はそうした当たり前の事を思い起こさねばならない.さもなければ,維新八策によって我が国は取り返しの付かぬ巨大な国益毀損を被ることは,残念ながら火を見るよりも明らかなのだ.

日刊ゲンダイ,2012.10.19
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/b4/job/213

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。