スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「実験場にされる東北被災地」について

藤井聡教授FBよりシェア

今日の三橋さんのブログ内容は、本当に悲しいお話....です




実験場にされる東北被災地

 今日は、かなり怖い話。



『2011年12月5日 日本経済新聞「復興庁法案、修正で合意 閣僚1人増員へ 」
 東日本大震災からの復興の司令塔となる復興庁の設置法案を巡る民主、自民、公明3党の修正協議が5日、決着した。最後の焦点だった閣僚らの増員問題は、復興担当の閣僚1人と副大臣2人を増やす一方、政務官3人の増員は見送ることで合意した。同法案は、規制緩和などで被災自治体を支援する復興特別区域(特区)法案とともに今国会成立が確実となった。(後略)』



 怖いというのは復興庁の話ではなく、上記の最後に登場する「復興特別区域(特区)法案」になります。以下、山田としお先生のメルマガより引用です。



『山田としお公式ホームページ(http://www.yamada-toshio.jp/ )
(前略)
【震災復興特区法案の危険な内容】
 私が気付いたのは、この震災復興特区法案は、今年6月に可決していた「総合特別区域法」の仕組みをそのまま踏襲したものであること、そして、この総合特区法は、これも今年1月に閣議決定して
いた「新成長戦略」に位置付けられたものであることでした。さらに、この新成長戦略たるや、昨年10月に、菅総理が突然「第3の開国」を打ち出し、11月に閣議決定した「包括的経済連携に関する基本方針」をそのまま盛り込んだものでした。まさに、TPPへの参加そのものだったのです。
 だから総合特区法には、「産業の国際競争力の強化」が明記されていましたし、民間事業者が地域の協議会に参加し、その民間事業者が地方公共団体に対して規制緩和を提案し、その地方公共団体がそれを受けて国に対して申請するという仕組みが盛り込まれていましたが、この仕組みがそのまま被災地の復興特区法案でも踏襲されていました。何のことは無い、新成長戦略で定めた民間参入による規制緩和とTPPへの参加を、その後の3月11日に発生した大震災と原発事故の対策に、そのまま適用させようとするものであります。
 これに気付いて愕然としました。国民生活が第一と言っていた政党が、今や、国際化と市場原理と規制緩和を標榜し、その仕組みを被災地に持ち込もうとしているのです。被災者が地域で復興計画を立てる、必要な規制緩和を国が準備する、そして必要な復興予算を交付するという、いかにも地域の合意でつくる計画と言いながら、民間事業者が参画し、誘導する。これでは、まちづくり三法で規制されている大規模店舗も外資によるリゾート開発も、被災者や市町村行政の意向で規制緩和して実施できることになります。被災地が本当に弱ってしまっており、被災者も自らの計画を出せない中で、国内外の民間投資企業の誘導に乗ってしまう開発になるのではないのか。これまで漁協が管理していた漁業権を、漁業者が議決権の過半を占めるという要件が付いているとはいえ民間の業者が加わった法人に認めることは、大規模スーパーマーケット等に養殖業をゆだねることになるのではないのか。
 この危機感のもとに、13項目にわたる質問を、官房長官・復興担当大臣・農水大臣・国土交通大臣・地域活性化担当大臣(総務大臣)にぶつけました。
【よく聞こえた応援のヤジ】
 演説の最後に、「私は、本会議場の皆さんと同じく、1日も早い復興を望んでおります。しかし、当法案が被災者の苦しみにこたえるのではなく、新成長戦略における国際競争力の強化のために被災地を改造しようとする狙いを持ったものであるならば、容易に賛成できません。未曽有の大災害と原発事故を考えるとき、当法案も、この国のあり方をどう描くのか、よくよく考えたものでなければならないのであります。」と締めくくりました。
 残念ながら、答弁は、おざなりでした。加えて平野復興担当大臣は、「国の内外を問わず民間の力を最大限発揮させる」「外国の活力を取り込んだ被災地の復興をはかる」「被災地をはじめ我が国に対する外国からの投資を促進する」と、その意図を隠しませんでした。私の危惧は当たりました。(後略)』



 要するにどういう話かと言えば、東北の被災地を「特区」とし、そこを規制緩和やTPPの「実験場」にしようという話です。すなわち、東日本大震災を受け、誰かが「東北をTPPの実験地にしよう」と絵を描いた可能性があるのです。


 そう考えると、東北の復興に民主党政府がなかなか乗り出さないのも、納得がいきます。


 ちなみに、これは陰謀論とかそういう話ではなく、オーソドックスな「ショック・ドクトリン」の手法です。新自由主義に基づく構造改革、規制緩和、民営化、外資参入などは、普通は国家や地域の抵抗が大きいのです。そのため、戦争や内乱、それに「大規模自然災害」などで国民がショックを受けた際に、どさくさで進めてしまえ、というのがショック・ドクトリンになります。
 
 本来、東日本大震災のような大規模自然災害の際は、「ふるさとを再生」する形で速やかに復興作業に取り掛からなければなりません。いくら大地震があったからといって、自分の住んでいる街を「何か、違うもの」として復興させられることは、被災地の住民は誰ひとり望んでいないでしょう。


 そのためには、震災発生後に政府が速やかに復興予算をつけ、大至急復興に取り掛かり、「元の街並み」を再建しなければなりません。それこそが復興です。


 ところが、今回の民主党政権は、復興予算をなかなか作らず、小出しにし、財源論でもめ、復興増税という財務省の路線を推進し、挙句の果てに「東北特区」として、復興が進まない東北をTPPなどの実験場にしようとしている可能性があるわけです。許される話ではありません。


 東北の被災地の方々に聞いてみればいいのです。
「あなたは、自分の故郷が『民間のビジネスの実験場』『外国のビジネスの実験場』『外国投資の草刈り場』になることを望みますか?」
 と。100%の被災者が、「冗談じゃない!」と言うでしょう。


 ところが、平野復興大臣は、堂々と上記の三つが震災復興特区法案の「肝」であると断言しているわけです。恐らく、本人は「意味」を理解していないのでしょうが、結局のところ、現在の日本は、
「政治主導!」
 などといい、専門知識もない素人政治家がスローガンで官僚を制御しようとした挙句、とことん失敗し、逆に「官僚主導」の色合いが濃くなってしまった結果、「復興」という極めて重要な事業についてさえ、経済産業省の新自由主義かぶれの主導の元で進められようとしているわけです。すなわち、復興に「政治」が入っていないのです。


 なぜ、このような事態になったのか。もちろん、2009年8月に、わたくしたち有権者が間違えた判断を下したためです。
 わたくしは、正直、現在の日本が「良い方向」に進んでいると確信しています(国民や政治家が目覚め始めたので)。とはいえ、一つだけ危惧していることがあります。それは、「時間が足りないのでは?」というものです。急がねばなりません

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11099098852.html



関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。