スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】グレートリセットなるものの正体

藤井聡教授FBよりシェア

現下の状況での「グレートリセット」は、日本を滅ぼさざるを得ない、そして、その真逆であるところの「強靭化」が求められている、との旨を記載いたしました。

(※その具体的な案として、グレートカブキ、グレートサスケ、グレート子鹿の三選手に、掟破りの逆グレートリセット強靱化ドロップをトップロープから炸裂いただくという.....ことも記載しておりますが、ご関心の無い方は、適宜スルーしてください 笑)



グレートリセットなるものの正体


笹子トンネルの痛ましい事故が起こり,
9名の方がお亡くなりになりました.,,,
事故でお亡くなりになられました皆様方に,
改めてご冥福をお祈り申し上げたいと思います.

そしてこの事故を受けて,各党代表は,
インフラのメンテナンスの重要性を訴えるに至っています.

言うまでもなく,高度成長期につくったインフラの多くがこれから,
大量に寿命を向かえます.

したがって,これから,徹底的にインフラの
メンテナンスの事業を,国家をあげて進めていかなければ,
国民の生命と財産,安定的な経済を護ることはできません.

しかし,「インフラのメンテナンス事業」をやるためには,
どれだけ工夫をしても,巨大な財源が必要となることは避けられません.

そして,デフレ不況の今,増税をしたところで不況が深刻化する以上,
なんとかして,「経済成長」をはたして税収を確保して,
それでもって抜本的な「インフラのメンテナンス事業」に
政府として取り組んでいく事が不可欠です.

したがって結局は,この「インフラのメンテ問題」の根幹にあるのも,
「経済成長=GDPの拡大」
という一点なのです.

ですから,「インフラのメンテは大事だ!」と叫びながら,
経済成長の足を引っ張ろうとする施策ばかりをヤロウとする人々は,
結局は,「口だけ番長さん系」と言われても仕方なき人々なのです.

特に,これまで「公共事業を削れ!!」って叫んできた
政治家や政党の発言などを総合しますと,彼等は要するに,

・もっと色んな規制緩和を進めるグレートリセット!
・TPPを推進する!
・増税をする!
・公共投資を削る!

なんて事をおっしゃってられます.

が,これってぜーーーんぶ,GDPを縮小させるものですね.

規制緩和をこれ以上激しくすると,大企業がさらに活動範囲を広げて,
中小企業の倒産が激しくなって,不況が深刻化します.

TPPの推進でも,同様です.
今度は,アメリカのスーパー大企業が日本で暴れ回るようになります.

増税をすると,消費が冷え込むばかり得なく,
中小企業の負担も増えて,
不況が深刻化します.

で,公共投資を削れば,
国内の実態経済市場に注入されるオカネが減って,
これもまた,不況が深刻化します.

...ということで,彼等の方針を突き進めば,不況が過激に深刻化し,
GDPが大きく減って,税収もメチャ減るのです.

で,そうやって税収が減ると,
インフラのメンテなんかに回すオカネも減って,
インフラ老朽化は放置されて,
橋やトンネルが壊れて,結局,多くの国民が死んでいく....
ということになる見通しが,極めて濃厚になのです.

...ということで,やはりどう考えても,
この手の「公共事業を削れ!派」の皆さんは,
どれだけインフラのメンテをどれだけ叫ぼうとも,
「おめぇ,それ,本気で言ってネェだろ?」
な感じが漂いまくっちゃう訳ですね.....

あっ! でも!!
公共事業削ってグレートリセットかませば,
あめりかじゃぁ,幼稚園児でも英語しゃべってんですから,

日本人は英語が話せるようになって,



いのぶぇーーーしょんが起こって,



iPodもつくれるようになるんですって!!





いやぁ,凄い!
是非,日本の未来を託したくなっちゃいますね!!!

とか言うどうでもいい冗談はさておき,
私達は,次世代に向けてしなければならない事が,山積みなのです.

そのためには是非とも経済成長が必要なのです.

そして,その対策が遅れれば遅れる程に,
次世代に対するツケは日に日に拡大していくのです.

そうである以上,次世代にツケ回しをこれ以上しないためにも,
積極的な財政,金融,インフラ政策のポリシーミックスである
(当方が,特定政党のみならず,
全政党,全国民に,震災直後から提案申し上げている政策方針であります)
列島強靭化計画
を大々的に推進して行かねばなりません.

そして,もしも「グレートリセット」なるものが,
そうした明るい日本の未来を阻害するものであるのなら,
グレート子鹿と極悪同盟を結成してでも,
グレートカブキに毒霧攻撃のお力をお借りしながらでも,
はては,グレートサスケにセコンド願ってでも,
掟破りの逆グレートリセット強靱化ドロップを
トップロープから炸裂させることが是が非でも求められているのです.

,,,,いずれにしても....

「時が来た...それだけだ」
(※ オイ蝶野,ここで笑っちゃダメだろ)

決戦の日は,もうすぐそこまできています.
文字通り,日本の未来は,私達国民の選択によって決まろうとしています.

豊かな日本国家を後世の日本人に残すことができる選択を,
今日の平成の日本国民がなすことが出来ることを,
心から祈念いたしたいと思います.

PS
グレートリセットの正体をさらに詳しく知りたい方は!

維新・改革の正体



http://www.mitsuhashitakaaki.net/2012/12/11/fujii-21/





関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。