スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】 「過剰な競争をやめれば景気が良くなる」

≪コレで景気を良くしまSHOW≫

安倍総理も惚れこむ熱血学者

国土強靭化 藤井聡教授



NOマネー.2012.1.19文字起こし

私が提唱する景気対策

「過剰な競争をやめれば、景気が絶対よぅなる!」


そもそもデフレになってからずっとなんですが
日本の景気が良くならないのは
競争が足らないからだ
ずーーーーっと、言われてきました

だからどんどんどんどん競争をやっていけばいい
競争すればするほど経済が筋肉質になって
弱い人がどんどんなくなっていって、強い人ばっかりになって…

それで日本経済が最強になって輸出がいっぱい出来るようなる
だから競争こそが経済成長の源なんだと



まあ、そんなことが言われてきたと思うんですが
それは



と、いうことを今日私はどーーーーしても主張したいということなんです


当然のことながらある程度の競争というのは絶対必要なんですけども
やり過ぎ、ちゅーのはなんでもダメなんですね

で、ハッキリ言って今、デフレ不況でいろんな会社が
栄養失調で死にそうになってるとこもあったり
潰れてるとこもあったりなんかしとるわけです

そんなこらに無理やり競争なんかさしたりなんかしたら
もうバタバタ死屍累々になっていくわけです

そうなると何が起こるかと言うとですね
倒産がどんどん増えると
競争やればやるほど倒産が増えていく
で、失業が増えていく

で、倒産が増えて失業が増えるとどうなるかわかりますか?

お金を使う人がどんどん減る…っていくことですよ

だから発想を真逆にして
競争しないようにすればいい
つまり企業同士、競争することをやめて
協力をするようにすればいい
というわけであります



昔は、いろんな業界ごとに組合というのがあって
組合に発注をして
そこであった仕事を皆でわけあいながら…
これはワークシェアリングと、今風に言うたらどう言うんですけども
それは、昔日本人はワークシュアリング言わんと
「仲良うやろうや」と、いうことですね
業界で受注して皆でまわそうとやってたんですよ

ところがですね
それをやったらあかんという規制がかかって
「ガチで勝負しろ」となったわけですよ
そうすると中小の企業からどんどんどんどん潰れていってしまう

それでもういろんな中小企業が徹底的に潰れてしもうて
半分以下とか1/3になったような町がいっぱいあるわけですよ

これが景気が悪くなっているものすごく重要な原因であって

「規制緩和こそが景気をダメにしたんだ!」

という重要な証拠になっている




(ナレーション)
「では、藤井さんの主張に沿えば
悪しき慣習とされた談合も復活させるべきということか」



談合はね、ハッキリ言うたらやったらええ時もあるんですよ
談合が全部やったらあかんって言うてるアンタらがおかしいんですよ



談合って話しあうことですよ
「協力すること」って、「談合すること」なのっ!

だから談合が全部あかんちゅーのはちょっとやめて
皆で話しあうゆーことも経済の中に入れていかなあかんちゅーねん



ですから、過剰な競争をするようになった最近の話しをちょっと忘れて
僕ら日本人がね、100年、1000年間やってきた
「和を以って貴しと為す」精神を思い出してですよ
皆で仲良く仕事するような
ああいう日本の昔の雰囲気をちょっと思い出せばいいんですよ

ちょっとでいいんです
思い出せば

そうやって企業同士、競争しないで協力するようにすれば
弱い立場の人々が働けるようになるんですよ

弱い人たちがしっかりと働けるようになると
皆が消費や投資が出来るようになるんです

日本の経済を成長させるためには
日本の経済の再生を目指すためには
弱い人たちがしっかりと働けるようにする
そんな国にすることが絶対に必要なんです

そのためにも
過剰な競争は我々はもうやめないといけない


皆で助け合う精神を思い出すべきなんです

それが私の最大の主張です

以上。(NOマネー.2012.1.19)


藤井教授出演の後、三橋さんが、
「あたり前ですけど、藤井さんは、『今はデフレだから』競争をやめましょうと言ってる訳で…」と強調されてます!


ちなみに主張の後に各10ポイントずつを入れるようになってましたが
勝間さんは藤井教授の主張に「マイナスはないんですか?」と。


三橋貴明氏は、藤井教授主張に10ポイント!
後の人たちときたら、「規制緩和」主張の新自由主義者組?



ちなみに勝間さんの主張のポイント!
三橋さんは入れてませんね!
これで、この出演者の大きな枠組みの考え方がわかりました。。。




2012.3.30【藤井聡】「談合」の解体を求める米国の外圧の存在を知るべし

元航空幕僚長田母神俊雄閣下も「談合にも良い面がある」と、講演会でおっしゃってました。

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。