スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「電力自由化」を巡る議論

藤井聡教授FBよりシェア


「電力自由化」を巡る議論が、様々な展開されています(↓)。

日本国家の行く末を議論するにあたっては、当然ながら多様な意見が必要です。

しかし、どんな意見や議論も、「事実」を無視しては行けません。

下記のグラフは、電力自由化を図った国(欧米)はいずれも、電力料金が値上がりしていったという事実、ならびに、電力を自由化しなかった国(我が国日本!)は、電量料金が、「値下がり」していったという事実を、それぞれ示しています。

そもそも欧米は、90年代電力を自由化したのですが、それらの国々では軒並み電力料金が値上がりしていったのです。そして、その反省を踏まえて、彼らは今、「再規制」を始めているのが、実態なのです。

電力自由化を議論される方々におかれましては、こうした事実、実態を十二分に踏まえた上で、ご議論いただくことを、平にお願い申し上げたいと思います。





発送電分離へ子会社化 経産省専門委で大筋合意

経済産業省は21日、電力システム改革専門委員会(委員長・伊藤元重東大教授)を開き、電力会社の送配電部門の中立性を高める「発送電分離」を議論した。グループ内で送配電部門を分社化する「法的分離」を実施することで大筋合意した。通常国会への提出をめざす電気事業法改正案に盛り込む方向となった。

 専門委を開くのは昨年12月の政権交代後初めて。昨年7月に決めた基本方針では発送電分離の実施を盛り込み、電力会社を持ち株会社化して送配電子会社をぶら下げる「法的分離」と、送配電網の運用をまるごと外部機関に任せる「機能分離」のいずれかを選ぶ議論をしてきた。

 委員会では「中立性・独立性が保たれているか外部から検証しやすい」(大田弘子政策研究大学院大教授)、「同じ会社が送電線を運用、所有する法的分離のほうが送電線の建設が進む」(富士通総研の高橋洋主任研究員)などと法的分離を支持する声が相次いだ。

 最後に伊藤委員長が「中立化の方向性が明確になった」と引き取り、2月の次回会合でまとめる報告書に法的分離を盛り込む考えを示唆した。

 ただ、大手電力10社でつくる電気事業連合会は「原子力の再稼働の遅れなどで電力会社を取り巻く状況は厳しい」として「発送電分離の形態は引き続き十分な検討が必要」と結論の先送りを求めた。今後は分離の時期が最大の焦点になるとみられ、具体的な改革の工程表を示せるかどうかがポイントとなる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2102X_R20C13A1MM8000/?dg=1

参考記事

【東谷暁】電力の発送電分離は「火事場泥棒」
【藤井聡】脱原発・電力自由化議論は国家安全保障観が欠落
【藤井聡】橋下氏の主張は凄まじく国民の幸せを毀損する


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。