スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鶴田正平@藤井聡代理】経済大震災

藤井聡教授FBよりシェア


当方の公務対応の時間の都合で,いつも寄稿していたメルマガの対応ができず、代理の方に(内容を先方に一任の上)ご寄稿をお願いいたしました・・・・その原稿では,総理がTPP交渉参加を表明された場合,日本国民がなさなければならない事として,以下の3点を指摘しておられます.

『まず,TPPの交渉参加が表明されたら,「TPPへの交渉参加の理由についての説明が, 一国の独立の観点から適正なものであるか否かを冷静に見極めること」がまず第一に日本人として求められる事ですね.

第二に,どうすれば,「TPPによる国益毀損を最小化」することができるのかを,それぞれの立場で考え続けることが必要となりますね。

そして第三に,もしもTPPによって国益毀損を被ってしまったのなら それを「回復する」ために何が必要かを、これもまた、それぞれの立場で考え続けることが必要となるでしょうね。』

(前後の主張の是非や,国益の「正負」に関する表現方法の如何についてはコメントを差し控えるとしても)少なくともこの「三点」については,論理的に否定し難く,万人が同意せざるを得ないものではないかと感じました.

一人でも多くの日本国民が,不条理な自己欺瞞や空理空論を排した上で,この三点の対応の一つ一つに誠実かつ真摯に対応されんことを,心から祈念したいと思います.



経済大震災

FROM 鶴田正平@藤井聡代理

皆さん,初めまして!

藤井聡先生が国土強靱化のお取り組みで大変ご多忙....との事で,
今回はピンチヒッターを務めさせて頂くことになりました,
ジャイアント鶴田こと,鶴田正平でございます.

時折、藤井先生の代役でお世話になることもあるかもしれませんが,
できるだけ藤井ワードを使いながら,
可能な限り違和感なきピンチヒッターをおつとめする所存でございますので,
その節には、どうぞ,よろしくお願いいたします.

....さて....

いよいよ今週は,「スワッ、TPPに安倍総理も参加表明か!?」
な状況になって参りましたですね.

現時点ではどうなるか分かりませんが,ここでは
「もしも(!),安倍総理がTPPへの参加表明をなさったら,
我々日本国民は,これからどの様にすべきなのか!?」
なんて問題について,サックリと考えてみたいと思います。

そもそも安倍総理といえば、
昨年の暮れの総選挙の際、
「瑞穗の国の資本主義を実現する!」
という論文を発表され、しかも、先日の施政方針演説では、
「一身独立して、一国独立す」
という、福沢諭吉のお言葉を引用しながら、
これからの政策の在り方を演説されました。

多くの日本人は,
この安倍総理の姿勢に共感を覚えたのではないかと思います.

ただし,今のこの状況でTPPに入ることが
「一国独立す」な精神に基づくものとは,到底言えないんじゃ無ぇか!?
なんて疑義を持たれたり,
TPPに入りゃ「瑞穗の国の資本主義」なんて守れねぇじゃ無ぇか!?
なんて疑義を持つ人がおられたとしても,
ぜーんぜん不思議ではないですよね.

もちろん,瑞穗の国の国柄崩壊や,
独立どころか隷属を促すTPPという「巨大な危機」を
「交渉力で突破する!」
なんていう楽観的な方針を,是非とも信じたくなる...ってのが,
「人情」ってもんですが,
信じたい事と現実とは乖離することがあるのが,
この世知辛い世の中,ってもんです.

だから,まず,TPPの交渉参加が表明されたら,
「TPPへの交渉参加の理由についての説明が,
一国の独立の観点から適正なものであるか否かを冷静に見極めること」
がまず第一に日本人として求められる事ですね.

第二に,
どうすれば,「TPPによる国益毀損を最小化」することができるのかを,
それぞれの立場で考え続けることが必要となりますね。

そして第三に,
もしもTPPによって国益毀損を被ってしまったのなら
それを「回復する」ために何が必要かを、
これもまた、それぞれの立場で考え続けることが必要となるでしょうね。

(#ちなみに以上の3作業は、
望むらくは安倍総理も含めた内閣の方々政府の方々も含めて、
国民全員でご一緒したいっすね!!)

いわば,TPPというのは,巨大な国益毀損をもたらす
「経済大震災」のようなものである「疑義」があるわけですが、
その疑義が単なる疑義なのか現実なのかを見極めつつ,
もしもそれがマジでヤバい「災い」であるなら,
その「災い」に対する強靱性=レジリエンス(被害最小化&迅速回復)を,
日本国民として最大限に発揮せにゃならん!ってことですね.

そんな事ができるのか....といえば....それはもう、物理的には、当然、可能、でしょう!

そもそも黒船来航で結ぶことになった不平等条約に対して,
我が日本国民は,粘り強い強靱性=レジリエンスを発揮して,
その被害を最小化しつつ,迅速に被害を回復させ,
「撤廃」させることに成功したわけっすから.

しかも、あん時の物理的な日米間の国力格差ってのは,
今とは比べものにならんくらい,でかかった訳っすからねぇぇぇ.

だから!

仮にTPPで超絶に巨大な被害がもたらされたとしても,
そもそも自分自身で勝手に望みを絶った時に,
はじめて,「絶望」に絡め取られることになるわけっすから.
命がある限りにおいては「絶望」なんてする必要はないわけです.

いやぁ....なかなか世の中世知辛いものですが、
浩二先生がおっしゃられたように、

「♪右を向いてーーも
左を見てもーーーー、
馬鹿と阿呆の 絡み合───い ♪」
(参考文献:鶴田浩二『傷だらけの人生』)

なのが、この世の中ですから、
まぁ、ショーヘイとしてはシャーナイっすね。

とにかく,皆さん!

「気づいた人が、気づいたことをやる」

っていう全人類共通の基本に立ち返って、
なぁぁんにも気づかずに「絡み合ってる方々」はさておき、
自らの命がある限り、
一人レジリエンスを,勝手に発揮しやしょう!

それが、まずは我々にできる「一身の独立」ってことで,
それがうまい具合に立場を超えていろんな人々の間で調号できれば,
「一国独立す」ってことが可能となるわけっすね。

(そうそう、
この手の話はついつい、
「責任追及」ってのをやりたくなってしまいますが、
それをやるときに「絶対」忘れちゃならないのは
もしも「責任者」が,現状考えられる「あの人」や「この人」だったり,
あるいは,究極的には「自分」だったらどう決断したか……って視点を,
しっかり考える、っていう姿勢ですね 笑)

.....ってことで、皆さん!

毎日スクワットでもしながら、
スーパー・レジリエント・レスラー目指して,
これからもジャンボに,鶴田に,
がんばりましょうォーーーー、オー!!!

つーるーたっ オー!!
つーるーたっ オー!!
つーるーたっ オー!!
つーるーたっ オー!!
・・・・

追伸:
今日お話しした「一身と一国の独立」については、
藤井先生の次の本が、参考になると思いますよ。


コンプライアンスが日本を潰す

http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/03/12/fujii-30-2/


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。