スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「政府が公共事業を行う時の,建設会社の選択方法」

藤井聡教授FBよりシェア


「政府が公共事業を行う時の,建設会社の選択方法」(=公共調達制度)についての報道です.

「(安い案件については)地元業者を優先するように,努力すべし!」という考え方の法案を,与党がまとめた,とのこと.

おそらく,

 「なんでそんな,特定業者ばっかし,優遇せなあかんの?
  なんか,ちょっと変な感じやなぁ...」

なんてお感じになる国民もおられるかも...しれませんが,この法案の精神には,メチャクチャ正当な理由があるのです.

ちょーー簡単に言うと,建設業者がそれぞれの地域で潰れてしまうと,地震,洪水,大雪...等の有事の際に,ホントに困ってしまうのは,地元の住民だ.なんて事がたくさんあるので,建設業は何らかの形で,その地域で存続できるように「保護」することが,公共政策上,是が非でも必要だ,ということなんですね.

....といっても,この問題,なかなか,国民には知られていません.

だから....

1)国民に,地元業者を優先する意義が伝わらない.
2)最近は,国民が納得しないことは,法律にしにくい
3)とりわけ,公共事業については,国民は冷ややかなめで見ているから,それはなおさら.
4)かといって,公共調達制度の適正化の問題は,ちょっとややこしいから,国民には,理解されにくい.
5)....ということで,結局,公共調達制度は適正化されない

なんていう,悪循環があるんですね.
(※ つまり,「世論は,公共事業の事についてはようわからんのに,なんかあかんもんや,というイメージをもってて,そのイメージで公共事業そのものを否定してしまう,それで,世の中,おかしなってる.だからホンマは,世論は,単なる「イメージ」で否定するんとちごて,ちょっとくらいは,公共事業のことについて勉強せなあかんねやけど,そういう風にもならない...」なんていう,相当理不尽な状況にあるわけですね... 苦笑)
(※,もし国民にこの問題がガッツリ知られているなら,多分「地元業者を優先するように努力する」という程度でなくて,もっときっちり地元業者を保護をする法案がまとめられていたかもしれないくらいですね)

....ってことで,なんで,政府がそんな法案をまとめたか...については,当研究室では,昨年度,一年かけてガッツリ研究をして,その成果の論文をつい先日まとめたのですが....例によってまた,当方のHPが,どこぞの何物かにサイバー攻撃されたので,それを皆さんにお示しする場所がなくて困っているんですね....(←この一年で,これで二回目ですから,騒いでも仕方ないので,公表していませんでしたが,実は2ヶ月ほど当方のHPにアクセスできない状態がつづいているのです 苦笑)

ですが,ようやく,今日か明日には,ちょー仮復旧ができる,との朗報(!)がはいってきましたので,復旧できたら,また,上記の問題の論文,公表しつつ,解説さしあげたいとおもいます.

....ってことで,中途半端な情報提供,恐縮でありますが,取り急ぎ,ニュースのご紹介でありました.



自民、公共工事の地元発注促す 法案まとめる
自民党は8日までに、国などが発注する予定価格1億円以下の公共工事について、地元建設業者と契約する努力義務を課す法案をまとめた。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0802I_Y3A500C1PP8000/

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。