スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鶴田正平】政治家おし

【鶴田正平】政治家おし

みなさんご無沙汰しております!

藤井先生が今週は、レジリエンス懇談会のワーキングでの議論が立て込んでおられるとのことで…久々にピンチヒッターを務めさせて頂きます、鶴田正平でございます。

藤井先生の代理にはかなり力不足で恐縮でございますが、(トップロープに上るのに30秒ほどかかっちゃった…なゴールデンボンバーな)しょっぱいファイトにならないよう、精一杯、努めさせて頂きますので、よろしくお願いします!

…さて、いよいよ参議院選挙、となりましたですね。下馬評では、自民党が圧勝するのでは…と言われていますが、もちろん、選挙は、蓋を開けてみなければ分かりません。

ですから、有権者の皆さんは、あれこれと今、いろんな事をお考えになっておられるのではないかと思います。

で、このメルマガ読者のかなりの部分の方はどう思っておられるかを、僭越ながら想像させていただきますと、おそらくは、次の様な感じじゃぁないかなぁ…と思います。

「東田剛さんなんかがあぁだこぉだいってるの聞いてると、なんか自民もやばそうなかんじだけど。。。だからといって民主党ってのはちょっとありえねぇな感じだし、維新ってのもメチャクチャだし、共産党や社民ってのはもう論外だし。。。。そりゃまぁ自民党だわなぁ」

もちろん、感情の温度差はいろいろおありだと思いますが、おそらくは本メルマガ読者層なら、アベレージ、こんな感じが優勢じゃぁないかと思います。それにまぁ、広く世論全体を概観しても、まぁ、こんな感じじゃぁないかと思います。

…が、そんな中でも、忘れちゃぁ行けない重要な論点がございます。

もう既に言わずもがなかと思いますが…参議院選挙というのは「政党選択」だけではなくて、「政治家選択」の場でもある、という点であります!

そもそも、自民党という党はメチャでかい党です。その中には、相当な意見の幅があるわけです。

A)「財出、強靭化、構造強化をやらにゃぁならん&TPPってそれどぉよぉ」な主張をしておられる先生方

もおられる一方で、

B)「TPPってば、いいもんっすよ。それに、財出なんてもうやめちゃいましょぉよぉ。日本の借金こえーし。そうそう、強靭化なんて野暮なことはもう金輪際口にしないでね」な主張をしておられる先生方

もおられるわけです。

で!

もし仮に、ねじれが解消して、与党安定政権が誕生するのだとすれば、その時に重要になるのは、今度は、「党内議論だ」ということなのです!

で、党内議論で、A)が勝つかB)が勝つかで、日本の舵取りが抜本的に変わってくるのです。

そもそもそれって何も不思議なことではなくて、ごくごく当たり前のことで、ねじれる前の日本政治ってのは、そうやって動いてた訳で、それこそが「ねじれ解消」の意義なのです。

なので!

「B」がお好きな方は「A」をこき下ろして「Bおし」で行ってもらってもまぁ、勝手に好きにしてもらっていいのですが、

「Aじゃなきゃイカンだろ!Bだったら、この国潰れるだろ!!」という方は、仮に自民押しの方でも「B」をこき下ろして、「ガンガンAおし」ってのをやりしまくるのも、選挙後の日本の政治の流れに、大きな影響を与え得ることになるのです!!

ってことで、猪木も長州も嫌いだったけど前田だけはチェックだった方も、三沢も川田も嫌いだったけどどうも永源だけは気になってんだよなぁ、な方も、ちょっとしたつばぜり合いをやりながらえも一応いっしょにプロレスみてたわけですから、党選択だけじゃぁなくて、各党の中のどのレスラーおしで行くのか、も、重要な国民の判断になるわけです。

ちなみに鶴田正平は、全日が潰れそうになった今でも、全ての団体の中の全てのレスラーの中に、馬場さん影をどうにかこうにか見いだしながら、その馬場遺伝子の多寡に応じて、団体関係なく、レスラーおし圧力を未だに調整しています(だいぶ、難しくなってきましたが 苦笑)。

ってことで、皆さん!、

どの団体おすかも大事ですが、
どのレスラーおすのかってのも、大事だってことでございますので、残された時間、しっかり、誰おしで行くのかを、ご吟味ください!

http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/07/09/tsuruta-2/

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。