スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】全体主義

-藤井聡教授FBよりシェア-

最近,「全体主義」についてあれこれ考えていたのですが。。。。。過日の報道2001での体験が,ちょうどそんなイメージにぴったりだったので,下記コラムを書いてみました(笑).

ご関心の方は,どうぞ!



全体主義

「全体主義」という言葉を,耳にされたことはおありでしょうか?

おそらく,軍国主義,ファシズムなど,こないだの戦争の時に,我が国やドイツ,イタリアなどで生じた現象だ,なんていうイメージをお持ちの方は多かろうと思います。

つまり,それは,第二次大戦時代の古い概念で,今はもう,あんまし関係ないだろう,なんていう風に理解されているやに思われます。

もともと「全体主義」を詳しく論じたのは,ハンナ・アーレントという方なのですが,彼女の議論を踏まえると,私たち現代人のそんなイメージと,彼女が論じようとした「全体主義」とはかなり異なっているように思います。

「全体主義」っていうのは,なにも,かの大戦の時にあったというだけのイメージなのではなくて,むしろ,「現代」の方が,その影響力が大きくなっているんじゃぁないかと思います。

なぜなら全体主義とは,そもそも,

「(真理を志向する態度によって裏打ちされたものではない)何らかの意見や価値に対して,理由の如何に関わらずに従う『べき』であると考える主義」

だからです。

つまり,この「全体主義」がはびこれば,どっかの誰かの思いつきや好みでポコッとでてきたアイディアや,事実からは乖離しまくったへんてこな市場原理主義から出てきた理屈なんかが,急になんかの具合で,「これを信じろ!!」なんて言われまくって,誰も刃向かえなくなっていく空気が作られちゃうわけです。

ここで重要なのが,そんなアイディアや意見は,「真理を志向する態度によって裏打ちされたものではない」というものだ,という点です。

だから,「真理を志向する態度によって裏打ちされたもの」だけを志向する真面目な人々は,この全体主義の空気の中では,永遠に「冷や飯ぐらい」となちゃって,徐々に封殺され,最後には抹殺されちゃうわけです。

。。。。っていう様な事を,ここ最近あれこれと考えていたのですが,そんな矢先,モロ,そんな「全体主義的な光景」を目の当たりにいたしましたので,ご報告。。。であります。

某全国ネットの番組に出演していた時のこと,消費税増税について,あれこれと討論していた折に,司会の方が,国内のエコノミストの方に「記名付き」で,消費税増税を,来年四月から行うことについての賛否を問うたアンケート結果をパネルをつかって説明されました。

ざっと20人から30人程度の,「○○証券」とか,「○○研究所」の「アナリスト」「エコノミスト」の方々の「増税についての賛否」の一覧のパネルが(所属・記名付きで)提示されたのですが,何と
驚くべき事に,「一人の例外もなく」,全員が,来年四月から消費税を8%にすることに「賛成」だという結果でした。

こりゃもう,全体主義そのものだ。。。。なお話なわけですが(笑),真っ当に考えれば,これは驚くべき結果です。

「消費税増税にはメリットだけしかなく,デメリットが一切論理的に存在していない。。。」ということが客観的事実であるなら,こういう結果になったとしても不思議ではありません。

しかし,デメリットは,山のように指摘されているわけです。ここで一々指摘することは避けますが,景気にブレーキがかかることはほぼ万人が認めており,しかも,税収そのものが減る懸念さえ,あからさまに危惧されている状況なわけです。

こんな状況で,専門家達が,「虚心坦懐,真摯な気持ちで状況判断をした」として,「全員が賛成」という結果が得られることは,統計学的に考えて(有意確率99.999%で!)絶対にありません。

。。。。しかし,そんな,普通なら統計学的にあり得ない事であっても,そこに「全体主義」が存在していたと考えるのなら,平気の平太郎でカンチコチンに理解することができることとなりますが・・・・これをさらに簡単に言うなら,次の様に考えれば,よりわかりやすいのではないかと。。。思います。

『もし仮に(!),「○○研究所」なり「○○証券」なりの大看板と,「エコノミスト」 の個人看板の双方しょってるにも関わらず,あそこで,ひとりだけ,

「反対」

って書いてあったとしたら,それを書いた彼には,どんな近未来が待ち受けているのでしょう~~か!
(倍率ドン!さらに倍!!)』

。。。。

ちなみにちなみに,ハンナ・アーレントは,ナチスドイツを「全体主義」として批判する訳ですが,そのナチスの全体主義をより強力なものに仕立て上げたのは「ゲシュタポ」の存在です。

ゲシュタポは,「○○すべし!」という「全体主義」に「刃向かう」人がいたら,そいつをとっ捕まえる,という組織でした。

もちろん,今の日本にこんなゲシュタポは,「明示的」には存在していませんが,日本の今日の全体主義を強化する様な強力な組織は,存在して「いない」とも「いえません」。百歩譲ってそんなものがない(!)としても,そういう組織が「存在する」という「共同幻想」に皆が絡め取られているなら,そんな共同幻想が「全体主義」そのものを圧倒的に強化しちゃうことは,避けられないでしょうね。。。。。

。。。なんてことを(抽象的に!?)書いてると,なんだかややこしい話ではありますが,あの「賛成」で埋め尽くされたボードは,なんとも「全体主義チック」な雰囲気を,感じちゃいました,ってだけのお話でございます(笑)。

で。。。。この全体主義を打ち破るには。。。。なんてのを書いてるとまたまたややこしい話になりますが,

「そこには,そんなの(ゼンタイ主義!)が有るんだぁ」

ってことを理解することは,初めの第一歩となるのではないかと,思いますので,あまり深刻に捉えないで,全体主義なヤローを見かけたら,お仲間さん達複数で是非,おちょくってやってください(笑)。

彼等は,そういうおちょくりに極端に弱いはずです。だってそもそも,彼等は何が正しいか,なんてよくわかっちゃいないけど,ひょっとしたら,ホントはそんなものがあるのカモ。。。。程度は,何となく思ってるかもしれませんからね(笑)。


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。