【藤井聡】新幹線とナショナリズム

-藤井聡教授FBよりシェア-

毎週配信しておりますメルマガにて,本FB上でご紹介しておりました

 「新幹線とナショナリズム」

についてのお話を掲載いたしました。

ご感心の方は是非,下記,ご参照ください!



新幹線ネットワーク

皆さんは,我が国日本に,政府が策定した

  「新幹線ネットワーク計画」

なるものが存在していることをご存じでしょうか?

こないだとある講演会で,その事実についてご存じの方の挙手を求めたところ,
実に200人の聴衆の中でそれをご存じの方は,
たった一人(!)しかおられませんでした。

そして,そのお一人の方も,当方がどこかで話していたのを聞いていたから知っておられたようでしたので,結局,その事実を知っている人は,この国にはほとんどいない!とういのが実情の様です。

しかし,実際に私たちは,新幹線を整備する「基本法」を策定し,かつ,その法律にのっとって,瀬新幹線を整備していく「計画」が,正式に策定されているのです!

こちらをご覧下さい。

https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII
ご覧のように,新幹線というのは,日本海側にも四国にも,北海道にも,そして,九州に「東側」にもガッツリ通すことが「計画」されているのです!

北海道については。。。。札幌から旭川までつながり(!),

日本海側(東北・北陸方面)については。。。。青森,秋田,新潟をへて富山,石川をとおって大阪まで繋がり(!),

日本海側(山陰方面)については。。。。大阪から,鳥取・島根を経て博多まで繋がり(!),,

四国については,関西から四国を横切り,最後は何と!大分・熊本まで繋がり(!),,

九州については,福岡から大分・宮崎を経て鹿児島まで繋がることが計画されているのです!

・・・・

もちろん,今のわたしたちの「常識」から考えれば,これは文字通り「夢」の様な話でしょう。

しかし(!),昭和30年頃の日本人にしてみれば,今,だれもが当たり前に使っている東海道新幹線だって「夢」のものでした。


そして,昭和時代の人間にしてみれば,携帯電話も「夢」の様な存在でしたし,インターネットに至っては,空想の世界にすら無いものだったのです。

それから考えれば,今,私たちが「夢」のように感ずる,こうした「新幹線ネットワーク計画」だって,将来実現しないなんて,誰も言えないものなのです!

この新幹線ネットワーク計画をつくった昭和時代の日本国政府は,「リアリティ」をもって計画をつくったのであり,夢を夢で終わらさせず,実際に,近い将来に,全国を新幹線でつなげるんだ,と意気揚々と感じていたに違いありません。

何より,この計画は,よくよく考えられて作られた者であって,決して,いい加減に作られたものでは決してありません。

こちらをご覧下さい。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=386056254828657&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1

現在,新幹線が繋がっていない都市(人口20万人以上)は,全国に17個あります。
しかし,このネットワークがつながれば,その数は4つにまで激減するのです!

このことはつまり,この新幹線計画は,可能な限り日本全国の主要なまちを,ネットワークでつないでいこう。。。。と言う趣旨で作りあげられたものであることを意味しています。

。。。で,主要なまちを新幹線ネットワークでつなごう!っていう発想は,極めてグローバルスタンダードな発想です。例えば,フランスでは,「20万都市で新幹線(高速鉄道)が無い街」は2つだけ(オルレアン&クレルモンフェラン)で,ドイツにいたってはたった一つ!(ケムニッツ)しかないんです!

つまり,仏独は,全国の主要都市を新幹線ネットワークでつなぐ計画をつくり,それをしっかりと進めて,できるだけ多くの国民が,その新幹線ネットワークでつなげることに成功したのです!!

それに引き替え我が国は・・・・新幹線では,昭和時代には世界一の,ぶっちぎりの「先進国」だったのに,今となっては,17ものまちに新幹線をつなげずにほったらかしにするような,国になってしまいました。

そして,折角作ったこの計画ができてから,もう30年以上も放置されてしまい,ほとんどだれもが,全国の街々を新幹線でつなぐ(!)という「夢」を見ることすら,無い国になってしまったのです。。。。

でも!!

心ある日本国民の皆さんはまずは,我が国には,「こんな新幹線ネットワークを作る!」なんていう,壮大な計画があったんだ!そして,その計画は今でも死なずに生き残っているのだ!!という

  「事実」

を知るところから,始めましょう!

そしてその上で,そんな構想が実現したら,我が国には,どんな未来が訪れるのかを,

  「想像」

致しましょう!

そして,是非,そんな夢を実現したいと思えば,どうすれば,その夢が実現できるのかを,じっくりと

  「考えて」

参りましょう!!

そうすると,「新幹線ネットワーク」なんてものも,決して夢では終わらなくなるに違いありません。


関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)