スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】「東京強靭化」を忘るべからず!

-藤井聡教授FBよりシェア-

「首都直下地震、30年確率70%」っていう確率は、かなり知られるようになりましたが、それってどれくらいの感じなのか。。。。ということは、イマイチ知られていないように思います。

。。。ので、その確率の意味を、日常生活的な感覚で言うとどれくらいか。。。。と言うことを、解説しました。

例えば、「今年」首都直下地震が起こる確率は、「サイコロで1ノゾロ目」がでたり、マージャンで親マンで上がれるくらいだし、「東京五輪まで」に起こる確率は、平均的なプロ野球のバッターがヒットを打つくらいの感じ。。。。と言う。。。メチャ、あり得る話だ、ってことになっております。

。。。ってことで、東京強靭化は、絶対に必須、ですね



【藤井聡】「東京強靭化」を忘るべからず!

「強靱化」については、かの3.11以降、いろいろなお話を差し上げて参りましたが、「世論」の趨勢におきましては、まだまだ、その重要性の認識が十分な水準には至っていない。。。。という焦燥感が常に頭から離れなかったのですが。。。。下記グラフをみて、嬉しい驚きがありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140201-00001224-yom-pol.view-000

地方自治体の選挙の争点として、住民の医療や福祉が一番重視されるのは、至って自然であるという事を考えると、「地震などの防災対策」が(景気や雇用対策、原発などを差し置いて)「二番目」に重視する争点となっているのは、大変に印象深く感じ入った次第です。

しかも、実に81%、つまり、5人の内4人以上の東京都民が、地震対策を重視すると回答しておられるとの事。

丁度今は、昨年末に政府の新しい首都直下地震の被害想定が公表され、多くの都民がその問題に注目しているところだ、ということなのかもしれません。

・・・・とはいえ、実際の所、多くの都民は、東京での地震対策あるいは「東京強靭化」について、漠然とした理解をしておられるとしても、

「首都直下地震が、どれくらい切迫した危機なのか?」

については、やはり、必ずしも十分に共有認識されていないように思います。

ついては、この点について、いくつか客観的な推計値をお示し致しましょう。
(以下の数値は、下記にていろいろとお話しているものの一部です。


まず、首都直下地震が30年以内に起こる確率は70%、ということになっています。

もうこれだけでもかなりの確率なわけですが、何と言っても「三十年」っていう時間は相当長いですから、今ひとつピンと来ない方も多いかもしれません。

それに、「そっか、三十年たっても、30%も、地震が起こらない可能性だってあるんだ、だったら、結構安全じゃん」なんていう風に、都合の良い解釈をしがちなのが、人間というもの。。。

ついてはもう少し身近な範囲で、この「30年で70%」という数字の「意味」を考えていきましょう。

まず、仮に毎年、直下地震が起こる確率が一定であると仮定(※1)すると、「今年中」に地震が起こる確率がどれくらいになるかと言うと。。。。。「4%」という水準となります。

これなら、「なんだ、やっぱ小さいなぁ。。。」と思われるかもしれません。が、4%って、結構な確率です。

麻雀で言えば「親マン」で上がれる確率くらいです(余計わかりにくいかも知れませんがw 知ってる方にはしっくりくる例かも。。。? 詳細は※2を!)。

つまり、「四人の神様が毎年正月に一局だけマージャンやって、そのマージャンが、親マンで終わったらその年中に首都直下地震を起こすことにする」なんて世界に我々は住んでるわけです。

親マン、って。。。結構、普通にでますよね?下手したら、連続で出たりすることもあったりしますし。。。。おおコワ。。。。

あるいは、4%と言えば、分数にして二十五分の一、「サイコロを二個ふって、1のぞろ目が出る確率」よりも高い確率です。

ってことは、

「神様が毎年元旦にサイコロ降って、1のぞろ目がでたら、その年中に首都直下地震を起こすことにする」

なんて世界よりも、さらに危ない状況に、今の首都圏の人は皆置かれてるわけです(※3)。

いやぁ。。。やっぱ、コワイ。

じゃぁ次に、2020年の東京五輪までに首都直下地震が起こる確率がどれくらいかを先と同様の前提で計算すると。。。。実に「24%」となります!

これって、四分の一、ってことですから、サイコロで「1」が出る確率よりもずっとデカイってことです。

別の確率で言うと、「全プロ野球選手の平均打率」や「広島で雨が降る確率」(※4)が、おおよそこの程度の確率となります。

つまり!

広島にふらっと遊びに行った時ちょうど雨が降っていたとか、テレビを付けた時にたまたまやってたプロ野球で、その時打席に立ってたバッターがヒットを打つとか(※5)。。。。それくらいの確率で、東京五輪までに首都直下地震がやって来る。。。。と予想されているのです。

普通、地震って言うと「万一の時に備えて」なんて言葉が使われますが、「万一」どころか、「四一」の備えをしなきゃ行けない。。。という状況にあるのが、今の東京の皆さんなわけです。

これって、ホント、ヤバクないですか?

当方、こんな事ばかり日々考えてるものですから、もう、ホンットに、首都直下地震対策については、焦りまくっているのですが、それに比べると、皆さん、ホンットにのんびりされています。

特に、しかるべき立場の方々が、一般の方と同じようにのんびりしてちゃぁ、エライ事になってしまいますよね。、、、

っていうことで皆さん、サイコロ降ってぞろ目がでたり、親マンであがったり、広島にいって雨が降ってたり、テレビ付けた時のバッターがたまたまヒット打ったりするのを目にする度に、「あっ、これって。。。」なんて思い出してみて下さい(笑)。

皆さんがそうやって思い出せば思い出すほどに、東京が強靭化され、国家が強靭化されていきます!

是非是非、危機から目をそらさず、冷静に、そして冷徹に、
「東京がどう潰れるのか?」
「日本がどう潰れるのか?」
をことある毎にイメージして、為すべき事を一つずつ、積み重ねて参りましょう。

では、また来週!

<藤井聡からのお知らせ>
「忘れた頃にやってくる災害」、でありますが、やっぱり私たちはついつい忘れてしまいます。だから改めて何度でも何度でも、「巨大地震Xデー」をイメージして参りましょう!


(※1 厳密に言うと、その年までに地震が起こっていないという条件で、その年に地震が起こる確率が、一定であると、という仮定です。
ちなみに、こういう確率過程は、「ポアソン過程」といって、最も一般的なもので、実際に多くのシミュレーション等で平均的に用いられるものです。
なお、政府公表の確率は、どういう確率過程を前提としているのかは公表されていませんので、ここでは最も一般的な確率過程を仮定しています ←。。。みたいな事をグダグダ書いても分かりづらいだけですが、一応、ここで推計する確率は、無根拠なもんぢゃ無いですよ、という事を示すためだけにグダグダ書きました 笑)

(※2 ↓下記のゲーム統計で一般の方のマンガンを上がれる確率が、おおよそ16~18%、親マンだとその四分の一で、おおよそ4%、となります。
http://tenhou.net/sc/profmg.html
なお、この際、マンガンが上がれる確率は、親も子も一緒だと考えて下さい 笑。ちなみに当方なら、親なら無理せず、ピンフドラ一のニックか、タンヤオドラドラのチッチあたりであがる確率が増えますが、この際、そんなこたぁ、無視して下さい)

(※3 あるいは、「フルカード」無しの頃のロケみつの早希ちゃんが、振り出しに戻っちゃう確率よりも、さらに高い確率、って言っても良いですね)

(※4 なんで広島かって言うと、各都道府県の降雨日数を調べると、広島の日数がちょうどの水準だったのでしたw)

(※5 厳密に言うと、その時に打席に立ってたバッターの次のバッターが、って言った方が厳密ですが、この際、まぁ、いいでしょう。 笑)

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。