スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【藤井聡】建設業の生産労働者(男性)の年収

-藤井聡教授FBよりシェア-

過日,下記エントリで「建設業の生産労働者の年収は,生産業の同水準よりも40万円,平均年収よりも70万円も低い!」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=488561924578089&set=a.236228089811475.38834.100002728571669&type=1&stream_ref=10

という事をご紹介しましたが(このグラフは厚労省作成資料です),最新のオリジナルデータで改めて調べたところ,さらに悪化しているようでした.

http://homepage2.nifty.com/kenseiken/statistics/tthingin/roudousya-no-thingin.xls

建設業の生産労働者(男性)の年収は,昨年時点で「395万円」で,生産業のそれ(445万円)よりも50万円も低く,過日報告したデータ時点よりも,格差が10万円も拡大しているとのこと.ホント,最悪ですね....

(※ ちなみに,全産業との格差は,70万円どころか,さらに悪化していることが,下記にレポートされています http://news.livedoor.com/article/detail/8564860/ (一次情報はまだ確認していませんが)全産業平均と比べると建設生産労働者は2割以上も賃金が安いとのことでした.)

なお,当方がココで論じているのは,「生産労働者」の賃金です.つまり,現場で働く方々の賃金で,いわゆる「ホワイトカラー」と呼ばれる方々(上記エクセル表の二段目の方々)の年収ではありません.そうした方々の年収は,平均,あるいは,平均以上に達しているようです(ちなみに,先日来,当方が問題にしている賃金格差問題は,あくまでも「今人材不足が叫ばれている生産労働」なのです).

さらに言いますと,このデータは,「ボーナスなどの特別給与」なども含んだものです.そもそも,当方が記載したのは「年収」ですから,通常それを含むのは当然ですよね(それに,下記の表に明記されています 大笑).

(※ ところで,「(ホワイトカラーも含んだ)平均賃金は建設業は低くない,ボーナス等を含んでない」などの理由から,過日の当方の下記エントリーの指摘は「間違い」(というかデマ?)だと主張している方がおられたそうです.がそういったご指摘こそが,逆に間違いであることが上記から明白です.以後,そういう方がおられたら,このエントリをご紹介差し上げてください.

・・・

いずれにしても,今,国益を守るための国策において,「マイナー」な論点と思われがちな,こうした労働者賃金の問題は,きわめて重要な「局地戦」です.

ついては,当方の指摘,データが(例えば,浜田氏,岩田氏,原田氏へのツッコミなども含めて),ココがおかしい!という方がおられれば,(あるいは,今回のケース同様,どこかで見かけられれば),是非,直接藤井まで教えて下さい.必要に応じて,適宜ご説明差し上げます(もちろん,誤りがあれば訂正いたしますが,明らかな誹謗中傷等に対しては,もちろん対応いたしません 笑).

以上,ご紹介まで.

関連記事
(ご覧いただき、ありがとうございます!)
藤井聡教授イベント


講演「山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線」
平成28年7月30日鳥取
 


関西ローカルの夕方の報道番組
夕方LIVEワンダー
(午後3時50分~午後7時)
毎週金曜日コメンテーターにて登壇予定 


藤井聡教授書籍
「プライマリー・バランス亡国論」
その7つの理由


「プライマリー・バランス亡国論」
三橋貴明氏の紹介文


発売日2016年5月

国土学
書評

発売日2015年10月

デモクラシーの毒
中野剛志書評

発売日2015年7月

モビリティをマネジメントする
参考



超インフラ論

発売日2015年04月

<凡庸>という悪魔
書評①
書評②
書評③

発売日2014年07月

築土構木の思想
参考動画


発売日2014年06月

グローバリズムが世界を滅ぼす

発売日2014年05月


政(まつりごと)の哲学
「はじめに」より

発売日2014年01月

大衆社会の処方箋
柴山桂太氏書評
参考動画
参考記事
参考記事

発売日2013年12月

巨大地震Xデー
あとがき


発売日2013年08月

新幹線とナショナリズム
参考記事
はじめに&目次

発売日2013年06月

強靭化の思想
強い国日本を目指して
正論インタビュー
参考記事
簡単な紹介
参考記事

発売日2013年06月

レジリエンス・ジャパン
日本強靭化構想

読者レビュー


発売日2013年06月

経済レジリエンス宣言
はしがき


維新・改革の正体
-日本をダメにした真犯人を捜せ-

中野剛志氏書評
参考記事


日本破滅論
~おわりに~


コンプライアンスが日本を潰す
新自由主義との攻防

“はじめに”と“おわりに”
読者からレビュー


プラグマティズムの作法
日本が救われる有効シナリオ
トークイベント動画
中野剛志氏推薦文


救国のレジリエンス
動画「救国のレジリエンスとは何か?」
富国強靭


列島強靭化論
佐伯啓思氏書評


公共事業が日本を救う
中野剛志氏書評
今こそ、公共事業で巨大地震に立ち向かうべし
著者が語る
山梨のトンネル崩落事故
デフレの今こそ大規模な公共事業を


正々堂々と
「公共事業の雇用創出効果」を論ぜよ 
~人のためにこそコンクリートを~

西部邁氏寄稿『藤井君の思慮ある勇気』



なぜ正直者は得をするのか
参考記事


文明の宿命

参考記事


土木計画学
参考記事


社会的ジレンマの処方箋


代表的日本人
内村鑑三著

藤井聡教授の愛読書

バック

こんにちは(*^^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。